その手があったか!神戸サポ、「逃げ恥」のゲーフラを掲げ話題に

写真拡大

見る度に思わず感心してしまう、Jリーグサポーターによるゲーフラ文化。

そのアイディアや発想は実にユニークで自由であり、センスが迸るものは数多い。

24日に行われたJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節、セレッソ大阪対ヴィッセル神戸戦でも「なるほど」と感じさせるものがあった。

試合前、アウェイゴール裏の様子を撮影したカメラに収められていたものは…(00:10あたりから)

神戸サポが掲げていたのは、「予選を越えてゆけ」というゲーフラ。

これは昨年大流行したTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌に登場する歌詞をもじったものだ!

このドラマの主題歌となったのは、星野源さんの「恋」。エンディングで流れる「恋ダンス」は大きなムーブメントになり、ゲーフラに描かれている手を前後にやるポーズはまさにそこで描かれていたものだ。

「予選を越えていけ」というのはもちろんルヴァンカップを戦うチームに向けてのメッセージなのだが、そうしたものをユーモアを交えて表現するJリーグサポーターのセンスにはただただ脱帽である。その手があったか!

カメラにはギリギリ写っていないが、きっとゲーフラの上半分には神戸のユニを着た平匡さん(星野源さん)が描かれているはず…。