現在大ヒット公開中のディズニー実写映画「美女と野獣」の日本語プレミアム吹替版に野獣役で出演、またTBS系ドラマ「あなたのことはそれほど」にも出演中と各方面で活躍中の山崎育三郎。音楽でも、昨年カヴァーアルバム『1936〜your songs〜』をリリースし、第58回日本レコード大賞企画書を受賞。6月7日にカヴァーアルバム第2弾『1936〜your songs 供繊戮離螢蝓璽垢決定している。

そのカヴァーアルバム『1936〜your songs 供繊拏録曲から『ずっと好きだった』のミュージックビデオが完成した。


今回のミュージックビデオは山崎育三郎の高校時代のエピソードを基に制作。高校時代アメリカに留学した際、まだ英語もできず、最初まったく友達のできなかった山崎育三郎がフライデーナイトに行われたダンスパーティーで全校生徒が作った大きな輪の中に割って入り、ダンスを披露、一躍ヒーローになったというエピソードがこの作品の基になっている。

この作品で山崎育三郎がライブをおこなっているパーティーに参加した高校生役を加藤清史郎が演じている。山崎育三郎と加藤清史郎はミュージカルで共演するなど公私ともに仲が良く、今回のオファーも快諾、出演してくれたとのこと。そして、彼のマドンナ役として木内舞留が出演している。

また、ロケ場所には山崎育三郎の出身校である東邦音楽大学付属高等学校のロビーが使われ、まさに山崎育三郎の高校時代を彷彿とさせる作品に仕上がっている。

アルバム発売日である6月7日(水)にはタワーレコード渋谷店B1でのインストアイベントも決定している。

<山崎育三郎 コメント>
今回は高校時代の淡い恋の思い出やアメリカに留学していた頃のことなど、僕の思い入れがたくさん詰まった素敵なミュージックビデオが完成して大満足です。またかわいい振り付けもぜひ覚えてもらって一緒に踊ってください。

<加藤清史郎 コメント>
とにかく楽しかったです。できればみんなの輪の方でずっと踊っていたかったです(笑)