なでしこFW永里優季がアメリカのシカゴ・レッド・スターズに完全移籍

写真拡大

▽ドイツ・女子ブンデスリーガ1部の1.FFCフランクフルトに所属するなでしこジャパンFW永里優季(29)が、NWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)のシカゴ・レッド・スターズに完全移籍で加入した。契約条件などは非公開となっており、国際移籍証明書が発行されるのを待つ状況という。

▽永里は日テレ・ベレーザから2010年にポツダムへと移籍。2009-10シーズンの女子チャンピオンズリーグ制覇に貢献すると、2012-13シーズンにはブンデスリーガ得点王を獲得した。2013年にはチェルシー、2015年1月にはヴォルフスブルクへと移籍。2015年8月から1.FFCフランクフルトでプレーしていた。

▽また、なでしこジャパンとして132試合に出場し58得点を記録。女子ワールドカップに3度出場し2011年には世界一に貢献。オリンピックにも2度出場していた。

▽NWSLでは、日本人選手が多数所属。シアトル・レインにはMF川澄奈穂美、MF宇津木瑠美が所属しており、ノースカロライナ・カレッジにはMF川村優理が所属している。