英国誌、アジア人の「TOP50」を発表!日本人は8名、唯一のJリーグ選手は

写真拡大

日本でも名の知られる英国の月刊サッカー誌『FourFourTwo』。

そんな同誌が「ASIA50」と題し、男子アジア人選手のランキングを発表している。

3年連続となったこの企画。22日から順番に発表され、22日にTOP10が明らかになった。

そのランキングを見ていこう。

50位:ボアズ・ソロッサ(インドネシア)
49位:ティーラトン・ブンマタン(タイ)
48位:ナワフ・アル・アビド(サウジアラビア)
47位:マット・ライアン(オーストラリア)
46位:カリム・アンサリファルド(イラン)
45位:トレント・セインズバリー(オーストラリア)
44位:キム・ジンス(韓国)
43位:中村 憲剛(日本)
42位:大迫 勇也(日本)
41位:ナム・テヒ(韓国)

40位:チェン・チー(中国)
39位:ムハンマド・アル・サハラウィ(サウジアラビア)
38位:ハッサン・アル・ハイドゥース(カタール)
37位:ティム・ケイヒル(オーストラリア)
36位:カウィン・タムサチャナン(タイ)
35位:フェン・シャオティン(中国)
34位:ブラッド・ジョーンズ(オーストラリア)
33位:イ・ジェソン(韓国)
32位:チャン・リンペン(中国)
31位:マシュー・レッキー(オーストラリア)

30位:ファハド・アル・ムワラッド(サウジアラビア)
29位:メフディ・タレミ(イラン)
28位:イゴール・セルゲーフ(ウズベキスタン)
27位:マイル・ジェディナク(オーストラリア)
26位:ティーラシン・デーンダー(タイ)
25位:マッシモ・ルオンゴ(オーストラリア)
24位:ク・ジャチョル(韓国)
23位:酒井 宏樹(日本)
22位:トム・ロギッチ(オーストラリア)
21位:オディル・アフメドフ(ウズベキスタン)

20位:ジェームズ・トロイージ(オーストラリア)
19位:香川 真司(日本)
18位:ハンマディ・アハマド(イラク)
17位:長谷部 誠(日本)
16位:吉田 麻也(日本)
15位:チャナティップ・ソングラシン(タイ)
14位:オマール・アル・スーマー(シリア)
13位:久保 裕也(日本)
12位:アリ・アハマド・マブフート(UAE)
11位:アリレザ・ジャハンバフシュ(イラン)

10位:キ・ソンヨン(韓国)
9位:ウー・レイ(中国)
8位:アハマド・ハリル(UAE)
7位:レザ・グーチャンネジャド(イラン)
6位:原口 元気(日本)
5位:アーロン・ムーイ(オーストラリア)
4位:サルダル・アズムン(イラン)
3位:岡崎 慎司(日本)
2位:ソン・フンミン(韓国)
1位:オーマル・アブドゥラフマン(UAE)

上位50名のうち日本人は8選手。

最高位はレスターでプレミアリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグを経験した岡崎慎司で、3位となっている。

基本的に現時点での評価が反映されており、ヘルタ・ベルリンMF原口元気(6位)やヘントFW久保裕也(13位)など、今季のリーグ戦で存在感を見せた選手が上位につける。

一方で、今季はほとんど出番のなかったミランMF本田圭佑やインテルで難しいシーズンを送っているDF長友佑都などはランク外という扱いに。また、Jリーグに在籍する日本人で唯一選ばれたのは川崎フロンターレMF中村憲剛となっている。