【マジメ検証】足爪がデコボコで裸足がイヤ! なので、足爪をキレイにするという「ザンミーラ ネイル」を1ヶ月使ってみた結果 → デコボコが…消えた!

写真拡大

サンダルが手放せない季節が、とうとうやってまいりましたね。ところでみなさんは自然のまま、つまりペディキュアなどを塗っていない状態の “スッピン” の足の爪に、自信があるでしょうか?

実はわたしも足爪に悩みを持つ1人。巻き爪の手術をした経験があるし、昔行ったジェルネイルの影響なのか割れやすくなったような気もします。だから、じーっと見られるのはちょっぴり恥ずかしいというのが本音です。

だけど、足の爪のケアって具体的にどうしていいか分からない……と思っていたところ、足のツメの悩みを解決する「ザンミーラ ネイル」なるアイテムがあるというではないですか。なんでも、爪に塗るだけで爪表面を滑らかにして、健康的な状態に戻してくれるというケア用品だとか。

実際に商品を送っていただいたので、1カ月間毎晩塗布。どれくらい変わるのか観察してみることにしました。

【足の爪に塗るだけで凸凹がケアできる】

足のツメのケアというと、なんだか難しそうなイメージがあって、これまでは「こまめに爪を切る」「ペディキュアを塗ってごまかす」くらいしかできませんでした。

なんでも爪は皮膚の一部らしく、肌同様に保湿すると状態が回復するとのこと。

「ザンミーラ ネイル」は足の爪専用の浸透補修液。爪に塗るだけで、液が素早く角質内に浸透し、表層の硬くなって傷んだ組織を柔らかくして除去。爪の表面を滑らかにし、色や質感やかたちなどを、健康的な状態に戻すのだそう。

【「縦筋濃すぎ」「デコボコしてる」といったことに気づく】

1カ月トライアルをするにあたり、まずは自分の足爪の状態を改めてチェックしてみることに。

すると自分でも引くほど「縦筋」が色濃いということに気がつきました。それに触ると、表面がデコボコしておる……。こ、これは手強そうだぞ。

巻き爪が怖くていつも端っこだけかなり深めにカットしている点に関しては、どうか目をつぶっていただければ幸いです! (ホントは伸ばしたほうがいいらしいけど)

【質感はさらさら&すごく塗りやすい】

お風呂から上がってさっそく「ザンミーラ ネイル」を塗布。爪の表面はもちろん、「爪先端の裏側にまで塗るように」と説明に書かれていたので、まんべんなくたっぷり塗ります。チューブから直接足爪に塗ることができるので、手が汚れないのがイイね☆

液の質感は “さらっとしたオイル” という感じで不快感はゼロ、誤って床にこぼしてしまってもすぐに拭き取れるので安心です。

1つ不満を挙げるとするなら、あまり速乾性がないこと。ひょっとすると塗布した量が多かったのかもしれないけれど、馴染むまでに30分くらいはかかりました。

 

【1週間後、縦筋が姿を消し始める】

こうして毎晩塗り続けて1週間、ちょっとした変化に気がつきました。まず1つ目は、当初と比べるとずいぶん「縦筋」が目立たなくなってきたこと。2つ目は、心なしか、甘皮が取れやすくなったこと。

【1カ月後にはもっと目立たなくなった&デコボコも消えた!】

さらに塗り続けて1カ月が経つと……高級霜降り肉のようなハッキリとした「縦筋」が、ほとんど見えなくなってる〜! 表面のデコボコもすっかりなくなって滑らかになりましたっ。

興味深かったのは、塗り始めてからちょうど1週間目くらいに弱っていた足爪の一部が1度ポロリと割れて取れて、その後時間をかけて再生していったことです。「ザンミーラ ネイル」の効果なのか、それとも単なる爪の周期だったのかはわからないのですが、一応報告しておきますね。

【結論:ちょっぴり値が張るけど試してみる価値はある!】

実際に長期間試してみて、効果は明らかにあったと感じています。特に「縦筋」「表面のデコボコ」に関しては、まさに劇的ビフォーアフター状態でした。

ちょっとネックになるのが、そのお値段。Amazon で送料込みで3218円と、ややお高めなんですよね……。しかしながら1カ月毎晩塗り続けてもまだ液が残っているので、高すぎるということはない気もしています。

お伝えしたとおりしっかり効果もありました。人によって個人差はあるでしょうが、わたしはこれからも続けてみたいと思った次第です♪

参照元:足爪用浸透補修液 ザンミーラ ネイル
撮影・執筆=田端あんじ(c)Pouch

画像をもっと見る