北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会の代弁人(スポークスマン)は24日、米国や日本、韓国などが弾道ミサイル「北極星2」型の試射に対して言い掛かりをつけたと非難した。朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で、述べた。

スポークスマンは、「『北極星2』型の試射にあ然とした米国が『失望的で衝撃的だ』『経済的・外交的圧迫を持続する』と騒ぎ立てるかとすれば、日本をはじめその追随勢力も『世界に対する挑戦』だの、何のとして騒々しく振る舞っていると嘲笑した」と指摘した。

また、「敵対勢力の反共和国対決の『合唱』に南朝鮮当局も加担して見苦しい調子を増している」としながら、日米韓を非難した。

さらに、「特に、南朝鮮当局は外部勢力の笛に踊らされてわれわれの正々堂々たる自衛力強化措置に言い掛かりをつけるのは民族の尊厳と自主権がどのように守られ、北南関係を保証する真の力が何であるかも知らずに振る舞う無知な醜態であるということを悟って一日も早く気を確かに持つ方がよかろう」と述べた。