映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々×安田顕のW主演で人気エッセイを実写化

写真拡大

人気エッセイ『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の実写映画化版が、2018年初夏より全国公開。

原作は「Yahoo!知恵袋」の質問からはじまった人気エッセイ

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」2010年、「Yahoo!知恵袋」にある質問が投稿された。ミステリアスで奇想天外なその投稿は、たちまち話題を呼んだ。

その後、内容にインスパイアされた「ほぼ日P」がボーカロイド・初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を制作。そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在200万回以上の再生を記録。さらに翌年にはコミックエッセイ化もされ、現在第3巻まで発売、発行部数累計15万部を超える人気をみせている。本作はこの人気エッセイが原作だ。

結婚3年目の夫婦がみせる一風変わったハートフル・ラブコメディ

サラリーマンのじゅんが仕事に疲れて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を出して倒れていた。慌てて介抱するじゅんだが、傍らにはケチャップ。「ククク……」と倒れていたちえが笑う。ちえは死んだふりをしていただけだった。理由を問うも、からかうように笑うだけ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。

ある時はワニに喰われて。ある時は銃で撃たれて。またある時は頭に矢が刺さって…。次第にエスカレートしてゆく「死んだフリ」。最初は呆れるだけだったじゅんだが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。不思議な行動を繰り返す“ぶっとび妻”といたって普通の“冷静夫”がみせる、新しい夫婦のカタチがチャーミングに描かれる。

榮倉奈々と安田顕のW主演

妻・ちえを演じるのは榮倉奈々。『余命1ヶ月の花嫁』『図書館戦争』などラブストーリーからアクション作品までを幅広くこなしてきた彼女が、不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラのちえをどう演じるかが見ものだ。一方、冷静なちえの夫・じゅん役には、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、これまで硬派な役から個性的な役まで幅広く演じてきた安田顕が抜擢された。

共演には、⼤⾕亮平と野々すみ花。安田顕扮するじゅんの後輩夫婦を演じる。また、本作のメガホンをとるのは、コメディの鬼才・李闘士男監督。これまで松山ケンイチ主演の『デトロイト・メタル・シティ』や堤真一主演の『神様はバリにいる』を手掛けてきた彼が、今度はほんわかラブコメディに挑む。

【作品詳細】
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
公開時期:2018年初夏
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(PHP研究所刊/作:K.Kajunsky、漫画:ichida)
監督:李闘士男
出演:榮倉奈々、安田顕、⼤⾕亮平、野々すみ花
脚本:坪田文
配給:KADOKAWA
©2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


[写真付きで読む]映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々×安田顕のW主演で人気エッセイを実写化

外部サイト

  • 『ラブ・アクチュアリー』シネマ・コンサートが東京&大阪で開催 - 巨大スクリーン×フルオーケストラ
  • 映画『パディントン2』日本語版に松坂桃李、紳士なクマ"パディントン"の愛らしい姿再び
  • スピルバーグ監督映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』M・ストリープ&T・ハンクス初共演