あなたは寝るときどのような格好をして寝ていますか?服装のことではなくて体勢や寝相のことです。普通に仰向けに寝ている方もいれば、うつぶせて寝ている方、横向きで寝ている方など様々でしょう。こんなどうでもよさそうな寝るときの体勢や寝相でありますが、この寝相によってその人の内なる心理が垣間見れるといいます。あなたが何気なくとっているその体制や寝相は、何かの心理の表れかもしれません。各寝相によってわかる内なる心理について紹介しますので見てみましょう。

️うつぶせて寝る傾向にある方

非常に几帳面かつ神経質な性格の持ち主。独占欲が強く、何かと周りを支配したがる傾向にありますが、そのぶん周囲への注意・配慮もしっかりしている特長があるようです。真面目に仕事をこなし、時間にも正確。ただその几帳面さから他人のミスが許せないことも多々あり。うつぶせで寝る傾向にある方は真面目な方が多いということですね。

️仰向けで寝る傾向にある方

非常に積極的で開放的な性格の持ち主。自分に自信を持っているこのタイプは、行動力に長けており、人付き合いにも積極的です。人付き合いにおいては特に、友情を優先する友達思いな傾向にあるようです。ただ他人への配慮に欠け、わがままな一面も持ち合わせています。仰向けで寝る傾向にある方は明るく元気な方が多いということですね。ちなみに大きないびきをかく人は仰向けで寝ている人である場合が多いそうですよ。

️横向けで寝る傾向にある方

理性が強く安定した性格の持ち主。自分を守るための自己管理能力に長けており、ストレスをあまり溜めず、いつも気持ちが安定している傾向にあるようです。ちなみに横向きで丸まって寝る傾向にある方は、非常に繊細で閉鎖的な性格の持ち主のようです。とても恥ずかしがりやであることから、他人になかなか心を開けない傾向にあります。誰かに支えてもらいたい、守ってもらいたい、という甘えん坊な一面も持ち合わせているようです。

️何かモノに抱きついて寝る傾向にある方

抱き枕や布団など、何かに抱きつくようにして寝る傾向にある方は、理想が高く、欲求不満である傾向にあるようです。中でもぬいぐるみを抱いて寝る方は、他人との関係にいつも安心感を重要視している傾向にあり、多人数よりは特定の誰かと仲良くする特徴があるようです。以上、寝相から垣間見れる心理について紹介させてもらいました。紹介した特長や性格に心当たりはありませんでしたか?


writer:サプリ編集部