デレク・シアンフランスが監督をつとめる『光をくれた人』がいよいよ5月26日(金)より公開される。この度、劇中で愛しあう夫婦を演じ、プライベートでもカップルであるマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルの最新デート現場が発覚した。

二人は、本作『光をくれた人』の共演をきっかけに2014年交際をスタート。私生活をあまり明かさない二人だが、2016年にアリシアが『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞した際には、隣に座るマイケルにキスをする姿が中継された。そして今回、現地時間5月20日にもロンドンでレストランから出てくる様子がキャッチされた。オープンしたばかりのこの店はアルゼンチン料理の要素を取り入れたヨーロッパ料理店とのことで、そしてなんと、この映画でアリシア演じるヒロインの役名と同じ「イザベル」という名のレストランだったという。これは偶然か、それともファスベンダーの粋な計らいか!?と話題になっている。

現在、アリシアは映画『トゥームレイダー』(2018年3月公開予定)の撮影で多忙な数週間を過ごした直後で、一方、マイケルは主演作『エイリアン:コヴェナント』(今年9月15日日本公開予定)が先週北米で公開され、オープニング興収3600万ドルで首位デビューを飾ったばかりである。

まさに公私共に絶好調の2人。好きな人とのかけがえのない時間が、仕事にいい影響を与えている事がわかる。 この2人を結びつけた”愛の生まれる映画” 『光をくれた人』。映画の二人にも注目したい。

■『光をくれた人』
2017年5月26日(金)よりTOHOシネマズ・シャンテ他にて公開
配給:ファントム・フィルム
(c)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

プレイベートでも交際中のマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデル (c)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC