ソウル環境教育ハンマダンのポスター=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】ソウル市とソウル環境教育ネットワークが25日から27日までソウル市内で、環境教育を考える「2017ソウル環境教育ハンマダン」を開催する。

 25日午後にソウル市庁西小門庁舎内で、環境教育に取り組む韓国と中国、日本の市民団体が参加する北東アジア環境教育国際フォーラムが開かれる。兵庫県西宮市のビジョンと、中国・北京の持続可能な発展に向けた教育が紹介される。気候変動に対する韓国の環境教育についても話し合う。
 26日午前には市民が出席する環境教育交流のイベントが開かれる。光化門中央広場では26〜27日に環境教育の展示・体験ブースが設置される。
 市は最終日の27日午後に記念式を開き、広域自治体として初めて「環境学習都市」を宣言する予定だ。環境学習の機会を提供し続けることで市民の意識を高める。
mgk1202@yna.co.kr