テニス、イタリア国際、男子シングルス準々決勝。コートを去るファン・マルティン・デルポトロ(2017年5月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニスのファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)が24日、肩と背中の故障により、全仏オープンテニス(French Open 2017)を欠場する可能性があることを認めた。

 現在世界ランキング30位のデルポトロは、準々決勝に進出した2012年大会を最後にローラン・ギャロス(Roland Garros、全仏オープン)からは遠ざかっており、一時は手首のけがで引退の瀬戸際に追い込まれていた。

 この日、仏中部リヨン(Lyon)で行われた大会でガストン・エリアス(Gastao Elias、ポルトガル)に敗れた28歳のデルポトロは「背中と肩に痛みがある。ローラン・ギャラロスへの出場はすぐに決断する」と話した。

 全仏オープン開幕が28日に迫る中、デルポトロは出場可否を決める前にパリ(Paris)で検査を受けるとしている。
【翻訳編集】AFPBB News