独島アシカの柄のネクタイは、韓国の衣料品ブランドが「独島主権の日」112周年を記念し、2012年に制作したもの

写真拡大

 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任して2週間が過ぎた。従来であれば2か月程度の引継ぎ期間が設定されるが、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免により行われた大統領選での当選であることから、即時就任、即時執務となり、その舵取りが注目された。

 ある程度の遅滞や混乱があるであろうとの予想を覆し、文大統領の船出は順調なようだ。

 大統領選の期間中から「既に当選後の準備は出来ている」と言っていた言葉に偽りはなく、主要各国首脳との電話会談や北朝鮮のミサイル対応、国定教科書の廃止や働き口の確保に向けた政策の実行等、野党のみならず保守系の党幹部らですら「上出来すぎる」と評するほどの手腕を発揮している。

 また青瓦台のスタッフたちと食事を共にしたり(朴槿恵前大統領は常に独りで食べていた)、休日には担当記者たちと登山したり、青瓦台の公式会見の発言から自身(大統領)に向けた敬語を廃止したりと、前大統領とは180度違う振る舞いで、国民からのウケも上々だ。

 その中でも特に注目されているのは、文大統領の人事であり、前例に囚われない柔軟な発想で適材適所の人材を抜擢している。80年代の韓国学生運動のリーダーを秘書室長(日本の官房長官)に任命したり、検察出身者の就任が通例であった民情首席にソウル大学の教授を抜擢したりと、その人事は韓国でも「破格」として毎日報道されている。

◆文大統領が言外に発する日本へのメッセージ

 上出来な滑り出しを見せた文大統領であるが、日本との「慰安婦合意」に関しては、大統領就任を祝う安倍総理との電話会談で、「国民の情緒としては受け入れがたい」としたメッセージのみが、現時点での文大統領の、日本への直接的なメッセージとなっている。

 しかし実は、これ以外にも文大統領が日本に向けて発しているメッセージがある。例えば日本の外務大臣にあたる、韓国・外交部長官の候補に康京和(カン・ギョンファ)国連事務総長政策特別補佐を指名したのがそうである。

 韓国における外交課題は山積されている。米韓の安全保障に関わる問題や、THAADの配備で一気に冷却化した中国との関係改善、北朝鮮の核ミサイル開発問題など、喫緊の重要課題一つを解決するだけでも大仕事と言えるだろう。

 また文大統領が候補者の時から公言してきた、慰安婦問題に関わる日韓合意の見直しの問題も彼女の重要な課題と言える。国連の活動でも、人権活動に注力してきた彼女。日本経済新聞や読売新聞では、彼女が外相に就任すれば、慰安婦問題についても韓国の「原則的な立場」を主張する可能性が高いと報じている。

 彼女を外相に任命することによって、日本に韓国の原則的な立場を暗に表明しながら、日本の出方をうかがっているのだろう。

◆「独島アシカ」の柄があしらわれたネクタイを着用

 文大統領の言外のメッセージは人事だけではない。5月19日、韓国憲法裁判所の所長を自ら直接任命した文大統領の記者会見の様子からも、文大統領の日本へのメッセージがうかがえる。この会見で、文大統領がつけたネクタイの柄が、韓国では話題になっているのだ。

 一見、鮮やかなオレンジ色のネクタイであるが、問題はその「柄」だ。

 このネクタイには、アシカと波が描かれている。これの何がメッセージなのか。

 実はこのネクタイに描かれているアシカは、「独島アシカ」である。

 文大統領は、この「独島アシカ」の柄が描かれたネクタイで会見に臨んでいたのである。奇しくも5月19日には、慰安婦問題の合意の再検討を促す韓国の大統領特使団が日本を訪問しているタイミング。緻密で繊細とまで言われる文大統領の就任後2週間の一挙手一投足を見れば、これが「偶然」でないことは確かである。

 ちなみに「独島アシカ」は、日本では「ニホンアシカ」と呼ばれており(学名は「Zalophus japonicus」で「ニホンアシカ」が正当)、その呼び方よりも、むしろ日本と韓国のどちらがアシカを絶滅させたのかで、意見が食い違っている。

 文大統領は、したたかな大統領である。

 慰安婦合意一つにしても、国連の拷問禁止委員会では慰安婦合意に関する見直しが勧告された(日本政府はすぐに反論している)。

 また読売新聞の社説等でも書かれている、「(当時の日韓合意は)韓国出身の潘基文国連事務総長や米政府など、国際社会から高く評価された」という事実も、韓国では、日米間の同盟関係維持と東アジアの安全保障の観点から「合意内容そのものよりも、当時絶望的に冷却化していた日韓関係を修復したことへの評価」という文脈で読み解かれている。

 日韓合意において「不可逆的な解決」としたものの、日本はその主張一辺倒では、その合意はひっくり返されるかも知れない。そんな危惧をおぼえる、文大統領就任後の2週間である。

<文・安達 夕 @yuu_adachi>