トム・クルーズ「トップ・ガン」続編認める

写真拡大

トム・クルーズが、映画「トップ・ガン」続編の製作を正式に認めた。

ミラマー基地にある米軍戦闘機学校で学ぶ、トップレベルの戦闘機パイロットたちを描いた1986年作「トップ・ガン」で、マーヴェリックことピート・ミッチェル役を演じたトムは、第1作から30年の時を経て続編の製作が進んでおり、来年から撮影がスタートすることを明かした。

豪番組「サンライズ」に出演したトムは、「トップ・ガン」続編製作の噂について質問された際に、「それは本当さ。おそらく来年から撮影がスタートするよ。僕はこの場で初めてこのことを話したことになるね。君が質問してきたから、僕はその作品は製作されるって話しているんだよ」とコメントしたのだ。

すでに2008年頃から「トップ・ガン」続編については、ハリウッドの幹部らが製作に意欲を見せているとの噂が飛び交っていた。

2012年に自らの命を絶ったトニー・スコットがメガホンを執ったオリジナル作品には、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワード、トム・スケリットらが出演していた。

現在のところ、第1作からどの出演者が再び登場するのかなど、詳しい情報はまだ分かっていない。