Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」――。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼び、コミックエッセイとなった「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」がまさかの実写映画化! 榮倉奈々と安田顕のW主演で描くことになった。
サラリーマンのじゅん(安田顕)が、仕事に疲れて帰宅すると、玄関で妻のちえ(榮倉奈々)が口から血を出して倒れていた! 慌てて介抱するじゅんだが、傍らにはケチャップ。「ククク……」と倒れていたちえが笑う。「驚きましたか??」ちえは死んだふりをしていただけだったのだ。ホッとして理由を問うも、からかうように笑うだけのちえ。それからというもの、家に帰ると、ちえは必ず死んだふりをするようになった。あるときはワニに喰われて。あるときは銃で撃たれて。またあるときは頭に矢が刺さって…。次第にエスカレートしてゆく「死んだフリ」。最初は呆れるだけだったじゅんだが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだんと不安を覚え始める。これは、何かのSOSのサインなのか――。

「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問にインスパイアされたボカロPの「ほぼ日P」が、初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表すると、そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在500万回以上の再生を記録中。これに刺激を受けたネット上の一般クリエイターたちも数多の自作の派生動画を投稿し、一大ブームとなった。2011年にはコミックエッセイ化もされ、現在第3巻まで発売、発行部数累計15万部を超える人気ぶり。現在も「Yahoo!知恵袋」では400万以上の閲覧、1,700以上の回答が寄せられているその伝説の投稿が、まさかの映画化となった。

不思議な行動を繰り返す“ぶっとび妻”を榮倉さん、超フツーの“冷静夫”を安田さんが演じる。『娚の一生』『図書館戦争』などラブストーリーからアクション作品まで幅広くこなし、「東京タラレバ娘」が記憶に新しい榮倉さんと、『俳優 亀岡拓次』『銀魂』など硬派な役から個性的な役まで幅広く演じ、ドラマ「小さな巨人」にも出演中の安田さんは、ともにコミカルな演技にも定評があるだけに、2人が見せる化学反応には要注目。ミスマッチなのに共感を生む、新しい夫婦のカタチには期待がかかる。

さらに共演には、『愚行録』『ハルチカ』の小出恵介と、宝塚歌劇団所属時「演技が優れたトップ娘役」と評され舞台やドラマで活躍する野々すみ花が決定。安田さん扮するじゅんの後輩夫婦・佐野と由美子を演じる。本作のメガホンをとるのは、松山ケンイチ主演『デトロイト・メタル・シティ』や堤真一主演『神様はバリにいる』などで知られるコメディの鬼才・李闘士男監督。『神様はバリにいる』では、怪しくもチャーミングな大富豪アニキの成功哲学を描き、全国69館公開ながらもスマッシュヒットを記録。日本映画界にコメディの金字塔を打ち立てた。本作でもその手腕を発揮し、ちょっと変わった夫婦の日常エピソードを愛おしくチャーミングに描きながら “ほんわかラブコメディ”を誕生させている。

榮倉さんは、本作の第一印象を「正直なところ、変わったタイトルだなぁ…、このタイトルにどんなストーリーが綴られるのか、全く想像がつきませんでした」とコメント。「ちえさんは、独特な言葉を使い、独特な表現をする人で、見る人によっては不器用と取れるかもしれません。しかし、夫・じゅんさんとの関係性を見ていると、しっかりと自分の哲学を持ってるように思います」とキャラクターに言及。

3度目の共演という安田さんと「夫婦のように近い関係性は初めてだったので、照れくさかったです」というが、「ある夫婦の一風変わったコミュニケーションが優しく描かれている映画になってます。なんでもない日常の中で起こるささやかな出来事で感情が揺さぶられる。現実世界に生きる私たちがリアルに感じ、見ている景色をスクリーンでも感じていただけると思います」と、リアルな夫婦像を描く本作に期待を寄せている。

一方、安田さんも「この作品をきっかけに『夫婦』について、いい意味であらためて思うこともあり、具体的ではなくて申し訳ないのですが、それは観てくださる方々それぞれに感じていただけると嬉しいです」とコメント。榮倉さんとは「榮倉さんが二十歳のころ、はじめてドラマでご一緒したことがありました。今回久々に現場でお会いできて、嬉しかったです」と語り、「(数々の死んだふりをする)榮倉さんの七変化を映画館で堪能していただけたら幸いです」とアピール。

また、「Yahoo!知恵袋」の投稿者で原作者のK.Kajunskyさんは、「こんな日が来るとは夢にも思いませんでした」とコメント、「榮倉奈々さんはとてもチャーミングな方で健康美というイメージで、どんなちえさんになるのかとても楽しみです。安田顕さんは『TEAM NACS』からのファンなのでとても嬉しく思いますが、私自身が安田さんほどイケメンではないので少々心苦しいです」と2人の印象を語っている。「我が家であった出来事がスクリーンで映し出されるのかと思うと少し恥ずかしい気持ちもありますが、鑑賞させていただくときは第三者の目で楽しもうと思っています。そして妻は直視できるのか心配です」と、妻の心配もする(?)K.Kajunskyさん。

さらに李監督は、「『女性』っていうのは僕にとっては“謎”の塊。何を考えてるんだか、いつもよく分からない。そんな理解できない謎の代表格が、『奥さん』『妻』たち。その『妻』たちの真っ昼間の闇に紛れた“謎”に迫ってみたくて、映画化をやってしまいました」と明かす。

榮倉さんは「ほんと天才女優でした。なんでもすぐにやれちゃうから。悔しかった」と語り、安田さんにも「狂気と小心者の間をいったりきたりで、なかなかの怪演ぶり」と太鼓判。「どこの家庭にでもある『家の大奥』に迫ってみました。江戸城だけじゃなく、家にも大奥ってのはあるんですね。みなさん、『家の大奥』のミステリーを覗いてみませんか?」と独特の表現で本作をアピールした。

「Yahoo!知恵袋」投稿から始まった、リアルで新しい夫婦のカタチ。撮影はすでに終了しており、完成に向けて現在、仕上げの真っ最中だという。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は2018年春、全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
賀来賢人、榮倉奈々と結婚を発表!ドラマ「Nのために」が出逢い
安田顕&早見あかり、『銀魂』の鍵を握る“村田兄妹”がお披露目!
桂文枝、15年ぶりのTBSドラマ! 長谷川博己主演「小さな巨人」
蒼井優&阿部サダヲら“全員最低”の愛の物語『かの鳥』特報公開
リリー・フランキー、俳優業に「まだ違和感」