スバル、2018年に既存モデルのプラグイン・ハイブリッド、2021年までに100%電気自動車バージョンの投入を目指す
他の大手自動車メーカーの動向とは関係なく、スバルは自身の電気自動車(EV)を作ることを避けてきた。だが、世界中で排ガス規制の強化が進んでいるため、スバルも電動化について再考を余儀なくされている。金融情報サービス『ブルームバーグ』によると、同社は研究開発に過去最高金額を投資。それにはEV技術の研究開発も含まれている。またスバルは早ければ2018年にはプラグインハイブリッド・モデルを、そして、2021年までには100%EVモデルを市場に投入する予定だという。

スバルの吉永泰之社長が、ブルームバーグに語ったところによると、同社はEV専用のプラットフォームを開発するのではなく、既存モデルをEV化するようだ。こうすることで、スバルはモーターやバッテリーの供給メーカー以外の企業と提携する必要がなくなる。また、既に浸透している既存の車名をフルバリューで活用できるのだ。以前の報道では、スバルは「アウトバック」(日本名:レガシィ アウトバック)や「フォレスター」をEV化すると示唆されていたが、吉永社長はブルームバーグのインタビューでそのことを肯定していない。その代わり、最近ハイブリッド・バージョンを廃止したモデルを例に挙げて仮定の話をしている。

「(顧客の心の中に)すでに心惹かれるスバルの車種があるなら、例えばそれがクロスオーバーのXVだとすると、もし北京のお客さまがXVを欲しいと思っても、EVしか許されない環境状況なら、そのEVモデルがなければ購入することができないでしょう。EVの選択肢を提供するということは、お客さまがそのモデルを手に入れることができるようになるということです」

吉永社長は、バッテリーの供給元の決定は1年ほど先になるだろうと語り、パナソニックやサムスンを検討しているとのことだ。

スバルは本年度決算の2018年3月までに、1,340億円の研究開発費を、EV技術のほか、ドライバー支援技術、自動運転、そしてクルマの情報化対応に充てるようだ。

By John Beltz Snyder

翻訳:日本映像翻訳アカデミー