ドミトロ・フィルターシ氏 (C)


 今から3年前の2014年3月、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ氏(現大統領)は、元プロボクシング・世界ヘビー級王者ビタリ・クリチコ氏(現キエフ市長)とともに、ウィーンにおいてドミトロ・フィルターシ氏に会った。

 来たる選挙の出馬調整が行われ、ポロシェンコ氏は大統領を、クリチコ氏はキエフ市長を選ぶことで、その後のウクライナの運命は決定づけられた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ドミトロ・フィルターシとは何者か

 フォーブス・ウクライナ誌によれば、ドミトロ・フィルターシ氏はメディア・グループと化学工業、各地域のガス配給事業を抱えるウクライナ第16位の資産家(総資産額2億ドル)である。

 その一方で、キング・メーカーとして過去10年間、ウクライナ政治・経済に隠然たる影響力を保持してきた。

 その原資は、2006年新年に生じたウクライナ・ロシア間の天然ガス紛争である。彼の活動からウクライナ政治を見ると、ステレオタイプ的な東西分裂イメージは再考せざるを得なくなる。

「2006年のロシア・ウクライナ天然ガス紛争」

 2006年初に生じたロシア・ウクライナ間の天然ガスをめぐる紛争は、一般的に「ヨーロッパ市場価格を要求するロシア側に対し、旧来の価格からの高騰を避けたいウクライナが抵抗し、契約切れとなって供給が滞った」と解釈される。

 また、オレンジ革命を経て誕生した新欧米政権に対して、クレムリンが「ガス外交」を行ったという見方もされる。

 しかし紛争後に結ばれた契約は非常に奇妙なものであった。ガスプロム本社に呼び出されたウクライナ代表団が調印を迫られた契約書には、RosUkrEnergo社がウクライナの輸入する全輸入ガスを仲介する旨記載されていたのだ。

 のちに明らかになるのだが、このRosUkrEnergo社をガスプロムと共同で所有していたのが、上述のフィルターシ氏であった。

 ローリスク・ハイリターンのガス仲介業を、ガスプロムが、わざわざこのスイス登記の会社につけ替え、さらには、ウラジーミル・プーチン大統領の黙認も受けてきた理由は不明だ。

 同社は2004年に登記された直後に、ロシア・ウクライナ政府間合意で中央アジア産ガスのウクライナへの仲介業者に指名されたことから分かるように、当初から、両国指導部が関与する企業であった。

 RosUkrEnergo社のガス仲介事業で瞬く間に資産を築き上げたフィルターシ氏だが、その事業の性格上、クレムリンだけでなく、時のウクライナ政権とも親密な関係を保ってきた。

 事実、フィルターシ氏は当初はウクライナのヴィクトル・ユーシチェンコ大統領(任期:2005-2010)のスポンサーであった。「オレンジ革命の英雄」「親欧米派」と称された大統領の主たる資金源は、ガスプロムのエージェントだったということになる。

 天然資源の汚職を調査する国際NGOグローバル・ウィットネスのインタビューで、RosUkrEnergo社について突っ込まれたユーシチェンコ氏は、一瞬絶句し、「誰が株主なのか分からない」ととぼけるしかなかった。

 この利権を排除しようとしたユーリア・ティモシェンコ首相(当時)が、ユーシチェンコ大統領から解任されるという事件も起きている。

 2010年に政権が交代すると、フィルターシ氏はヴィクトル・ヤヌコヴィッチ新大統領と与党「地域党」のスポンサーになる。ヤヌコヴィッチ時代、フィルターシは国営化学肥料工場の買収に成功している。

 その際の買収資金はガスプロム銀行が融資しており、さらには、工場が消費する天然ガスも、ガスプロムが大幅な値引き価格で供給していた。

 2013年11月、ヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領がEU協定調印棚上げを決定すると、これに抗議する集会がキエフで発生し規模を拡大するとともに全土に波及していく。事態の収拾に失敗し政権が揺らぐと、フィルターシ氏は早々にヤヌコヴィッチ大統領を見限り、仇敵ティモシェンコ氏の復活を防ぐために動き出した。

 先のウィーン会談も、共倒れを避けるためのフィルターシ氏の政界工作であり、その甲斐あって、贔屓とするポロシェンコ氏は、ティモシェンコ氏を圧倒し1回目の投票で当選を決めたのだった。

 フィルターシ氏にとって、重要なのは「親欧米派」や「親ロ派」といった立場ではなく、自らのビジネスに対する保証なのである。 

マナフォート人脈

 そのフィルターシ氏であるが、今日においては、オーストリア史上最高の保釈金を積んだ人物として有名になっている。

 チタン事業の展開に関連してインド政府高官に贈賄していたとして、2014年3月、米検察当局は、連邦海外腐敗行為防止法に基づくフィルターシ氏の逮捕をオーストリア側に請求した。

 フィルターシ氏は滞在していたウィーンで逮捕されたものの、1.25億ユーロの保釈金を積んで釈放され、オーストリア国内に留まり続けている。

ヤヌコヴィッチ大統領(当時=中央)とフィルターシ氏(右)(C)


 彼の総資産の半分に相当する巨額の保釈金の出所は不明であり、クレムリンに近いオリガルヒが融資したとの噂もある。

 保釈後、優秀な弁護団の力もあり、米国への身柄引き渡しは先延ばしされてきた。2017年2月、ウィーン地裁は一転して、フィルターシ氏の米国への身柄引き渡しを決定したが、5月時点でも引き渡しは実現していない。

 さらに、フィルターシ氏は、米ドナルド・トランプ政権とのつながりでもにわかに国際的な注目を集めている。

 トランプ氏の選挙キャンペーン責任者ポール・マナフォート氏とフィルターシ氏とは、ニューヨークの不動産投資事業で協力関係にあったことがある。

 そのマナフォート氏は、ヤヌコヴィッチ・前ウクライナ大統領の「地域党」から資金供与を受けていた。ウクライナ当局に押収された地域党の裏帳簿から、2006年から2012年にかけて地域党などからマナフォート氏に計1270万ドルが支払われていることが明らかになっている。

 この額は、ヤヌコヴィッチ氏および地域党の選挙キャンペーンに対するコンサルタント料と見られている。

 オレンジ革命で一敗地に塗れたヤヌコヴィッチ氏は、マナフォート氏のイメージ戦略のおかげもあり、2006年議会選挙で第一党に返り咲き、2007年議会選挙、2010年大統領選挙と勝利を重ねたのであった。

 2016年8月にこの問題が報道されたことにより、マナフォート氏はトランプの選挙キャンペーン責任者を降りた。しかし、クレムリンがウクライナの地域党を経由して金を回したのではないかという見方も出ている。

 そもそもマナフォート氏自身、ウクライナにおける通信事業では、ロシアのオリガルヒ、オレグ・デリパスカ氏をサポートしており、また10年以上前から、ロシアのオリガルヒの海外投資活動の指南役として活動してきた。

 現在、アメリカ連邦捜査局(FBI)は、マナフォート氏とクレムリンの資金関係について調査しており、度重なるフィルターシ氏引き渡し請求もこの調査に関連していると見られている。

 この10年間、幾多の政治的困難を切り抜けてきたフィルターシ氏にとって、マイダン革命後の急展開は想定外であったに違いない。

 彼が抱える企業の多くは、人民共和国を名乗る分離勢力の出現とそれに続く内戦激化により操業停止に陥り、人民共和国政府に接収される危機に晒されている。それに加えてのウィーン地裁の送還決定である。

 栄華を極めたフィルターシ氏の命運もいよいよ尽きるのだろうか。 

筆者:藤森 信吉