子どもに英語を 「ABC」から教えても 上達しない理由

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が本日発売される。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

「みんな順番が逆!」の意味

 みなさんは、こんな幻想をお持ちではないでしょうか?

「ABCから順番にコツコツとやっていけば英語ができるようになる」

 そんな幻想はいますぐ捨てましょう。でも、

「アルファベットも知らない子どもに、
 いきなり高校1年生レベルの文章を読ませる?!
 そんなのムリムリ!」

 そう思っていませんか?

 みなさんご存じでしょうか?
 子どもの関心は、「難しい」とか「難しくない」にはないのです。

 そんなこと、子どもは気にしていません。
 子どもがいつも気にしているのは、

「ママやパパは、
 自分のやっていることを
 全面肯定してくれるのか?
 それとも自分は、否定されてしまうのか?」

 ただそれだけ!
 そこにしかありません!

 親は子どもによかれと思うことをやっている、だから親はエライ、と思っているかもしれませんが、それは逆です。

 親が喜ぶことをするのが小さい子どもなのです。
 いつも親の表情や動きからあらゆることを敏感に察しています。
 親がハッピーになってくれるから、言われたとおりに懸命にやっているのです。

 ですから、大人にとってどんなに難しく見えることも、子どもはらくらくクリアします。
 難しいと思うのは親だけ。

 親のそんな苦手意識が子どもに伝染してしまっては大変です。
 たとえば、5歳のわが子に「decision(決定)」という単語を覚えてもらうとします。

 そのとき親が、
「この子にdecisionなんてわかるはずがない」
「まだ小さいのにかわいそうではないか」
「どうせ中学校で習うから、真剣にやらなくてもいい」
 などと心のどこかで不信感を募らせながらやらせていたら、その時点で、子どもはあなたの本心をすべて察しています。

 その結果、子どもは「decision」を覚えられないのです。

 decisionがわからないのは、当時5歳だったあなた自身です。
 いまここにいるあなたのお子さんではありません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)