現在のものづくりの現場では多くのものがコンピューターを使って作り出されていますが、タイポグラフィ1つをとっても、もともとは手作業で作られていました。かつてテレビ番組で使われていたロゴやイントロの映像も、多くがデジタルな作業なしで、物理的な装置を使って撮影されており、今見ると尋常でない労力がかけられていることがよくわかります。

When TV Logos Were Physical Objects | Colossal

http://www.thisiscolossal.com/2017/05/when-tv-logos-were-physical-objects/

例えば、映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)が使用しているオープニングロゴの「レオ・ザ・ライオン」。

Metro-Goldwyn-Mayer (Leo the Lion) - YouTube

かつて行われていたレオ・ザ・ライオンの撮影風景はこんな感じ。実はロゴに登場しているライオンは1917年から2017年までで7頭おり、2017年現在ロゴに登場するライオンの名前が「レオ」であることからレオ・ザ・ライオンと呼ばれているわけです。



初代ライオンの「スラッツ」によるロゴは以下の通り。大まかなデザインは同じですが、ディテールに差があります。



また、圧巻なのが、かつて存在したフランス国営テレビ局・フランス放送協会(ORTF)のロゴ。同テレビ局は1964年から1974年まで、以下のロゴを用いていました。



ムービーは以下から見ることができます。

ESC 1962 - French comments (RTF) 5:5 - YouTube

ORTFのロゴを撮影している様子がコレ。ロゴの周囲に何本もの糸を交差させ、奥から手前にライトを照射させるという3Dの装置で、2Dのイメージを作り出しています。



さらに、流れる地図の背景の前で地球儀が回るというBBCのロゴ。回転する地球儀を使ったロゴが最初に登場したのは1950年代で、以下の黄緑と青の配色のロゴは1981年から1985年まで使われました。

BBC1 Mirror Globe Recreation - YouTube

このロゴは以下の装置を使って撮影されたとのこと。背後にパノラマ式の鏡を置いた状態で地球儀を回転させ、それをロトスコープような形で手描きでトレースしたそうです。



そして、1983年に作られたHBOのイントロ映像も、デジタル処理したアニメーションのように見えて、物理的なセットを使用しています。以下のムービーから、圧巻のメイキング映像を見ることが可能です。

HBO Intro - Behind the Scenes - YouTube

HBOのイントロは以下のような感じ。家の中で男性がテレビをつけ……



女性と一緒に番組を見ようとしているのが、窓の外から捉えられます。



カメラの向きを変えると、2人の家の外、街の様子が映し出されました。





夕闇の中、建物や電灯には明かりが灯っており、車が走っています。街路を宙に浮いたカメラが進行していくと……



映画館に突き当たります。



映画館を越えると、夕暮れでピンク色と紺色のグラデーションが美しい空。



そしてカメラは空へとあがっていき……



星空の中で1つの光を捉えます。



光源はHBOのロゴ。



ロゴが回転し……





カラフルな光が流れ星のように流れていきます。



「HBO THEATER」という文字でおしまい。



一見するとデジタル処理されているかのような映像ですが、セットからエフェクトまで、多くが手作業で行われています。



セットの下はこんな感じ。建物や車に明かりを灯すためのケーブルが伸びています。



木や建物ももちろん手作り。



最後に登場するロゴも物理的に存在し……



「HBO THEATER」という文字もこんな感じで作られました。



水色のフィルムの上に……



黒いフィルムを重ねています。



約100個もある建物は、3カ月かけて作成されたとのこと。1つ1つ型の中に液体を流し込み……



固めます。



窓をくり抜いていっている様子。



型から取り外せば、建物の壁が1つ完成。



これを塗装していき……



パーツを組み合わせたら1つの建物が完成。



この作業を繰り返すことで住宅街を作り出していくわけです。



道路の真ん中にはテープを貼り……



小枝のように細い信号を道路に挿していきます。この信号は実際にライトが点灯するようになっています。



ジオラマの回りは夕暮れ時を演出する塗装がなされました。





こんな感じになります。



撮影の際にはスモークがたかれ、雰囲気が出されます。



イントロの最後に登場する虹色の光も……



実際にライトの装置を回転させることで撮影したとのこと。



そして最後に撮影されたのが……



冒頭のシーン。全部で1分ほどの短い映像ですが、尋常ではない労力の果てに作られていたことがよくわかります。