ペトラ・クビトバ【写真:Getty Images】

写真拡大

復帰迫るクビトバ

 女子テニスの世界ランキング16位ペトラ・クビトバ(チェコ)が28日開幕の全仏オープンで復帰する可能性が浮上している。英公共放送「BBC」電子版が報じている。

 ウィンブルドン選手権で2度の優勝を誇る27歳は昨年12月、チェコの自宅に押し入った強盗に利き腕の左手を刺される重傷を負った。その後、4時間に及ぶ修復手術を受け、リハビリを進めてきたが、順調に回復している様子。英メディアによると、同選手の広報担当は全仏オープンに参加する可能性について、「ギリギリの判断になる」と説明。また記事では「自宅でのナイフの襲撃でキャリアを危ぶまれた怪我からわずか7か月後のウィンブルドンでのプレーに向けて、軌道に乗っている」と、7月のウインブルドン選手権には出場できる見通しであることを伝えている。

 キャリアの危機を乗り越えようとしているクビトバはグランドスラムの大舞台で華麗な復活を果たすことができるだろうか。