前田弾を死守したFC東京が首位を追走! 柏はGS敗退が決定…《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽YBCルヴァンカップ2017グループA第6節の柏レイソルvsFC東京が24日に行われ、1-0でFC東京が勝利した。

▽4試合を消化し1勝2分け1敗で5位につける柏と、3勝1敗で2位につけるFC東京が激突した。グループステージ突破に向けて大一番を迎える柏は、直近のリーグ戦から先発メンバーを9人入れ替え。細貝とディエゴ・オリヴェイラ、ハモン・ロペスらを起用した。

▽一方、上位をしっかりとキープしたいFC東京も直近のリーグ戦から先発メンバーを同じく9人変更。梶山やピーター・ウタカらを起用した。また、現在ニューヒーロー賞の投票で上位をキープしている中島も先発に名を連ねた。

▽試合は立ち上がり、ホームの柏がディエゴ・オリヴェイラ、ドゥドゥ、ハモン・ロペスの前線3人を起点とし、積極的に敵陣へと攻め入る。前半の半ばに差し掛かっても、柏はパスを細かく繋ぎ、両サイドを攻略するが、幾度となくラストパスをカットされてしまい、決定機を作ることができない。

▽依然としてFC東京に反撃を許さない柏は29分、ようやく決定機を迎える。ボックス左外からのハモン・ロペスのクロスがGK林に弾かれると、ボックス手前でボールを拾った栗澤が右足でコントロールシュート。しかし、これがわずかにゴール右上に外れる。

▽その後はFC東京も多少ボールを保持できるようになるが、互いにシュートチャンスを作れないこう着した状態が続く。それでも柏は前半終盤、ディエゴ・オリヴェイラのクロスをハモン・ロペスが詰めると、ボックス中央でこぼれ球を拾ったドゥドゥが右足でシュートを放つが決め切ることができない。

▽後半に入るとここまで押し込まれていたFC東京が攻勢に転じる。58分、中島の右CKをニアサイドに走り込んだ橋本がヘディングシュート。しかし、枠を捉え切れない。それでも71分、リズムを取り戻したFC東京が先制点を奪う。ボックス右手前で中島のパスを受けた徳永がボックス中央にクロスを送ると、途中出場の前田が左隅へと流し込んだ。

▽先制を許した柏は73分に武富、80分に手塚を入れて攻勢を強める。88分、ボックス右手前でFKを獲得すると、手塚が左足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール右上を外れてしまう。

▽追いつきたい柏は、終了間際にもボックス手前でFKを獲得するが、好機を生かせず試合終了。FC東京が前田のゴールで白星を飾り、首位を追走。対する柏はグループステージ敗退となった。