これまで2度映画化された「ジャッジ・ドレッド」 (C)Rena Films (PTY) Ltd.
and Peach Tree Films Ltd.

写真拡大

 シルベスター・スタローン主演で映画化されたことで知られる英人気コミック「ジャッジ・ドレッド」が、このたびテレビドラマ化されることになったと、米エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

 イギリスのSFアンソロジーコミック「2000 AD」に1977年に初登場した原作コミックは、秩序が乱れた未来都市を舞台に、警察と司法の機能を兼ね備えた究極の治安維持部隊ジャッジを題材にしている。1995年にスタローン主演、12年にカール・アーバン主演で映画化されている。

 インディペンデントの制作会社IMグローバルと、英ゲーム・出版会社のRebellion Developmentsがこのほど、テレビドラマ「ジャッジ・ドレッド:メガシティ・ワン(原題)」を制作することで合意。「GALACTICA/ギャラクティカ」や「HELIX 黒い遺伝子」、「DEFIANCE/ディファイアンス」といったSFドラマの企画開発を手掛けてきたIMグローバル・テレビジョンのマーク・スターン社長は、「これは、時間の経過と共にますます重要性を増す画期的なSFシリーズのひとつです」と、「ジャッジ・ドレッド」の物語が現代社会が抱える問題とリンクしていると指摘。「社会風刺に満ちた世界であるばかりか、死ぬほど面白い作品になりますよ」と抱負を語った。