@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

中国のジーリー、プロトンの49.9%の株式を取得

ボルボの親会社であるジーリー(吉利汽車)が、マレーシアを本拠とする自動車メーカー「プロトン」の49.9%の株式を取得した。これは、プロトン傘下の「ロータス」の経営権を支配下に入れたことを意味する。

プロトンを所有するコングロマリット「DRB-ハイコム」は、損失を生み続けるプロトンの株式を、ジーリーに売却することで合意したのだ。

ジーリーはくわえて、ロータスの過半数の株式となる51%を取得する方向で調整を進めている。

これによりDRB-ハイコムは、依然としてプロトンの株式50.1%を保有するが、ロータスの株式は売却すると見込まれる。最終的な決定事項が明らかになるのは7月だ。
 

狙いは東南アジアのマーケット

プロトンは1996年からロータスの過半数の株式を保有している。そして昨年、ロータスの業績ははじめて黒字に転換した。

プロトンとジーリーのみに観点を絞ると、今回の合意は下記のような効果をもたらす。
・プロトンのメリット:ジーリーのパワートレイン、プラットフォームの共用
・ジーリーのメリット:東南アジアにおける商圏の拡大

ジーリー・グループのDonghui Li副社長は、「プロトン、そしてロータスが、吉利汽車のブランド・ポートフォリオにくわわり、わたくし共のグローバル基盤は一層強固になります。これにより、東南アジアでビジネスを拡大する拠点が生まれたのです」とコメントしている。