英国在住のデザイナー、カール・ホルムストローム氏はこのほど、北朝鮮の最高指導者、金正恩氏をモデルとしたアクションフィギュア制作のための資金調達をめぐり、2本の奇妙な電話を受けたと主張している。資料写真。

写真拡大

2017年5月23日、露通信社スプートニクの中国語ニュースサイトによると、英国のベルファスト在住のスウェーデン人デザイナー、カール・ホルムストローム氏はこのほど、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏をモデルとしたアクションフィギュア制作のための資金調達をめぐり、2本の奇妙な電話を受け、さらに自身の電子メールアカウントがハッキングされる試みもあったと主張している。

ホルムストローム氏は電話について「通話状態はあまり良くなく、相手はなまりが強かった。脅迫という感じではなく、このプロジェクトを中止するよう求めてきた」としている。

ホルムストローム氏は、このプロジェクトが金氏の暗殺をテーマにした米コメディー映画「ザ・インタビュー」に刺激されたものであることから、相手は北朝鮮人である可能性が高いとしている。(翻訳・編集/柳川)