以前から不仲が噂されている歌手ケイティ・ペリーとテイラースウィフト。そんな2人のバトルの発端について、ケイティがコメント!

新曲「Swish Swish」をリリースし、現地時間今月22日米人気トーク番組『The Late Late Show with James Corden』の名物コーナー「Carpool Karaoke」にゲスト出演したケイティ。司会者のジェームズ・コーデンに、テイラーとの関係について直撃されることに!

<コスモポリタン アメリカ版>によると、ことの始まりはバックダンサーをめぐる争いのよう。テイラーは過去に、とあるアーティストにワールドツアーを妨害されたと雑誌のインタビューでコメント。実際にツアーの途中からいなくなったダンサーがケイティのツアーに参加していて、世間的にそのアーティストがケイティだと判明していた。

これに対しケイティは「彼らが、テイラーのアリーナツアーの仕事がしたいと相談してきたので、当時ツアーを行っていなかったケイティは、行ってもいいと許可をしたものの、自分のツアーが再開する頃には戻って来るように契約していた」と主張。つまり、ケイティ曰くこのダンサー3人は、元々ケイティの仕事をしていた人たちで「引き抜かれたのではなく戻っただけだ」なのだとか。

しかしテイラーは納得がいっていなかったのか、ケイティのことを歌っているのではないかと話題にもなった大ヒットシングル「Bad Blood」を2014年にリリース。それからケイティとのバトルが本格化することに…。

「発端は何だったの?」と司会者のコーデンに聞かれると、ケイティはこのようにコメント。

このバトルを始めたのはテイラーよ。私は彼女に話そうとしたのよ。でも彼女は口をきいてくれなかった。そしたら、テイラーが私についての曲を書いたわ。そう来たら、私も「Oh cool cool cool..(冷静になりましょうよ)、そういう態度をとるわけね」って感じよ。

「はじめた当本人が、終わらせるべきでしょ」とも語るケイティは、どうやらこの騒ぎを終わらせる準備ができたよう。さらに「こんな些細なことで騒くのではなく、私たち女性が団結すれば、世界を癒すことができると思う」と大人なコメントも。

ケイティとテイラーは果たして仲直りなるのか…? 今後の2人の展開が気になるところ。