あの人を振り向かせたい!今すぐ使える恋愛心理テクニック5選

写真拡大 (全6枚)

あなたには今、好きな人はいますか?今回は、人間の心理を利用した、すぐに使える恋愛テクニックを5つご紹介します。気になる相手がいる方もそうでない方も、これを覚えておけば、恋愛がさらにハッピーになるかもしれませんよ。

恋愛心理テクニック5選

 ダブルバインド

ダブルバインドは、気になる相手をデートに誘うときなどに使えるテクニックです。

質問するときに、答えが「YES」「NO」の2択ではなく、どちらを選んでも「YES」になるようにします。

たとえば、いきなり「今日ご飯に行こう」と言うのではなく、「ラーメンとそば、どっちが好き?」と聞きます。

選択肢を「ラーメン」と「そば」の2つにすることで、「行く」「行かない」の2択よりも誘いやすくなるのです。

 

ドア・イン・ザ・フェイス

ドア・イン・ザ・フェイスは、一度大きい頼みごとをして断らせてから、小さい頼みごとをするというテクニック。

たとえば、旅行に誘うなど、高確率で断られる提案のあとで、食事に誘ってみます。

相手は一度お願いを断ってしまったという罪悪感もあり、ハードルの低い要求を受け入れてくれやすくなります。

営業のテクニックとして使われているそうですが、恋愛にも応用できるんですね。

 

ラポールトーク

相手の話を聞くときに、興味や関心、共感する気持ちを示すというシンプルなテクニックです。

「ラポール」とは、フランス語で「信頼関係」を意味する言葉。

共感しながら聞くことで会話が弾み、相手も「気が合う」と感じるので、グッと距離を縮めることができますよ。

 

パーソナルスペースを利用する

パーソナルスペースとは、自分のまわり半径60センチ以内の範囲のこと。

相手のパーソナルスペースに上手く入り込むことで、自然にあなたのことを意識させるテクニックです。

さりげなく近くに行って話しかけたりして、特別な印象を残しましょう。

 

好意の返報性

人に何かをしてもらったとき、自分もお返しをしなければと思う、人間の心理のことです。

これを恋愛にも上手く利用すれば、相手もあなたに好意をもってくれるかもしれません。

良い印象をもってもらうためには、相手のことを褒めるのが効果的です。

容姿や肩書きなどではなく、ほかの人が気づかないような行動や内面を褒めると良いでしょう。

 心理戦で勝負?!

今、振り向かせたい誰かがいるあなた。
使えそうなテクニックはありましたか?
人間の心理を上手く利用して、良い恋愛をしたいですね!