石田えり

写真拡大

パーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」の新CM発表会が5月24日に都内で行われ、約3ヵ月におよぶトレーニングでグラビア体型に変身した女優の石田えりが、23年ぶりとなる水着姿を生披露した。

石田えりの水着姿、その他の写真

テレビドラマ『ウルトラマン80』や映画『釣りバカ日誌』シリーズなど、さまざまな映画やテレビなどで活躍してきた石田。現在56歳ながら「もう一度、グラビアに挑戦したい」と目標に掲げ、約3ヵ月間のトレーニングでウエスト-14.5cm、体脂肪-6.1%、体重は筋肉とのバランスを取り-4.9kgを達成した。

発表会には水着姿で登場し、ポージングするなど自信満々。新CMでもサーフィンなど目標であった水着の撮影を行ったことも報告し、「この年で挑戦させていただくなんて夢のようです。生きていたら何が起こるかわからないですね。びっくりです」と笑顔を振りまいた。

トレーニングは運動から食事制限までスタッフと二人三脚で実施。特に驚いたのは、諦めていた尻のシワが激減したことだそうで、「水着なんて無理だと思っていました。最初10本くらいあって、さすがに最初相談した時はトレーナーさんもちょっと悩んだ感じでしたが、頑張っていただいて2〜3本くらいになりました。(お尻は)かなり醜かったですから、それがプクッと上がってきて」と感激。張りを戻した自慢のバストについても「もう少し頑張って続けたいと思っています」と話した。

また、変身したことで「1回経験すると、全然違う世界が見えてくるようです」とポジティブになった内面の変化も語っていた石田。今後、挑戦したいことの1つに「恋人」を挙げて、「もう離婚して30年くらい経っているので、恋ってどういう風にしたらいいかわからなくて」と慎重な思いも口にしつつ、恋の予感には「(今は)ないですけど、あるかもしれないし、そういう時は体ごと、イェイ!」とウキウキ。

理想の男性像には「ないので、すごくおじさんかもしれないし、若いかもしれないし、わからないです。出会って自然の流れで」と話した。

石田えりが出演する新CMは5月25日より放送となる。