【詳細】他の写真はこちら

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEパフォーマーの山下健二郎が5月23日、自身の母校である京都府長岡市立長岡第四中学校で開催された「夢の課外授業」にダンスの講師として参加し、全校生徒423名にダンスの授業を行った。

今回、サプライズで登場した山下。国民的スターを目の前に生徒たちは、飛び上がり大興奮。授業では、三代目J Soul Brothersの代表曲である「R.Y.U.S.E.I.」の振り付けを指導。象徴的なサビのダンス“ランニングマン”では、「第四中の皆さんはこのステップを完璧にして帰ってくださいね」と伝え、生徒に直接アドバイスをしたり、実際に踊って見せたりすると、「いいね〜、うまいね〜」とみるみる上達していく生徒たちに驚く山下。最後は、会場がひとつとなり「R.Y.U.S.E.I.」を全員でパフォーマンスし、子どもたちの顔からは自然と笑顔がこぼれた。

ダンスの授業後に行われた生徒とのトークタイムでは、「まずは自分のグループである三代目J Soul Brothersをもっと全国の皆さんに知ってもらうこと。釣りやラジコンや物を作ったりすることが好きなので、それを今度は仕事に変えていきたい」と夢を語ると、真剣まなざしで山下の話に聞き入る生徒たち。夢をかなえるための秘訣を聞かれると「夢をかなえたいときはシャイじゃないほうがいい。自分の好きなことは外に発信してはっきり言葉にしたり行動に移したりして、より多くの人に自分の気持ちを伝えること、そして努力することが大事だと思います」とアドバスを送った。

授業が終わると、翌日(5月24日)が誕生日の山下へ生徒からサプライズで花束とバースデイソング送られた。山下は「最高の思い出になりました」とうれしさを口にし、退場時には生徒たちが作った花道で盛大に見送られた。

夢の課外授業を終えて山下は「今日は踊れても踊れなくても、この時間を大切に楽しんでもらうことをいちばんに考えてほしいなと思ってやりました。この授業を通して、何かひとつでも感じるものがあれば、今日の授業は成功なんじゃないかなと思います。伝え方は人それぞれだと思いますが、今日の授業が何かのきっかけになれば嬉しいです」と想いを語った。

山下は2013年7月に東日本大震災の復興支援の活動として岩手県野田村を訪問し、ダンスレッスンや即興ライブを披露。「夢の課外授業」に参加したのは今回が2度目で、自身の母校で開催するのは初となる。

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE

http://www.jsoulb.jp/