ドコモの2017年夏新製品発表会で明らかになった新料金プラン「docomo with」の内容に切り込む

写真拡大 (全5枚)

 NTTドコモが5月24日に新製品発表会を開催し、スマホ・タブレットの2017年夏モデルや新料金プラン「docomo with」を発表した。対象の端末を購入すると、毎月1,500円が“ずっと割引”されるという料金プランの内容に迫る。

 発表会の壇上にはいつものようにNTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏が登壇した。冒頭に吉澤氏は今日の発表会のテーマは「Challenge to Change(変化のための挑戦)」であると宣言。別項で紹介するスマホ・タブレット8機種のほかに、とりわけ注目を浴びた“挑戦”のひとつが新料金プランの「docomo with」だった。その概要から紹介しよう。

 「docomo with」は、ドコモが2017年夏モデルとして発表した「arrows Be/F-05J」「Galaxy Feel/SC-04J」を対象に設けられた新しい料金プランだ。従来からドコモでは、ユーザーが端末を購入した際に一定の金額を割り引くサービスである「月々サポート」を実施している。今回の「docomo with」の対象となる端末については月々サポートが受けられない定価購入になる代わりに、1,500円を“ずっと”割り引いてくれる。それぞれ2万円中ばから3万円半ばの本体料金になるミドル・エントリークラスのスマホだが、端末料金の支払いが終了したあとでも1,500円が毎月利用料金から割り引かれる。

 サービスの開始はarrows Beが発売される6月1日から。Xiで「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」のいずれかの基本プランと、パケットパックの契約が必要になる。なおdocomo withの契約者を対象としたdポイントのプレゼントキャンペーンが7月31日まで展開される。

 ドコモの吉澤社長は新料金プランを開設した理由について「これまで、ひとつの端末を長期にわたってご利用いただいているお客様を優遇する料金プランがないというお声をたくさんいただいていたから」と壇上で説明している。

 新料金プランの対象となる端末は2機種のみ。富士通コネクテッドテクノロジーズ製の約5.0インチのスマホ「arrows Be」は、おサイフケータイやワンセグ、防水・防塵対応などの機能を揃えるミドルレンジ。サムスン製の「Galaxy Feel」は今回発表された新機種の中で、約4.7インチと最もコンパクトで手に馴染みやすいデザインを特徴としている。それぞれに必要十分な機能を揃え、ドコモが提供する多くのサービスを利用できる良質なスマホではあるものの、スマホを使い慣れたユーザーにとってはやはりもの足りなく感じてしまうスペックだ。上位機種にもdocomo withのプランが使えないのは残念に思うが、ドコモでは今後新料金プランのメリットをどのような形でアピールしていく考えなのだろうか?会見で行われたQ&Aセッションや囲み取材の場で、吉澤社長が新料金プランの詳細についてもう少し深く突っ込んだ応答をしているので紹介しよう。

--- 新料金プラン「docomo with」はどんなユーザーが得するプランなのか。

吉澤氏:これまでは端末を頻繁に買い換える方だけに割引のメリットがあるように感じられるというご意見を、ユーザーからいただくことも多かった。docomo withはずっとドコモの端末を使ってくれた方がメリットを感じられるようなサービスにしたい。これまでの端末購入補助(月々サポート)を平行して使うことはできないが、定価で買っていただくことで1,500円をずっと利用料金から割り引く。2万円半ばから3万円半ばという端末の料金を前提に、24ヵ月(2年間)でもう36,000円が割り引かれることになるので元は取れたと感じていただけるはず。お客様に対するドコモの充実したアフターサービスも一緒にご利用いただけるので、単純に値引きだけをアピールするためにつくったプランではないとご理解いただきたい。