もしも彼氏が落ち込んでいたら、皆さまはどのような行動をしますか? 励まし方にはいろいろ種類があると思いますが、男性と女性とでは感じ方や考え方に差があるため、もしかすると彼にとっては皆さまの励ましが余計なおせっかいになっている可能性も……!? 正解がわからないと、お互いにとってストレスになってしまいますよね。というわけで、男性が喜ぶ励まし方についてあらためて確認してみることにしましょう!

1)自発的に話すまで待つ

「落ち込んでいるときには、あまり根掘り葉掘りきかないでもらいたい」(営業/30歳/男性)

▽ 女性の場合は、わりとしつこく落ち込んでいる原因についてきいてもらうことで、話しやすさを感じるようになることもありますが、男性の場合はどうやらそうではないようです。あまりかまいすぎるのは逆効果になることもある(要するに、ありがた迷惑ということ!)ので、彼から自発的に話してくれるのを待つのがベター。

2)うなずきながら話をきく

「料理しながらとかテレビを見ながら話をきかれるのは、ますます落ち込むから嫌! でも、上から目線のアドバイスとかはいらない」(SE/27歳/男性)

▽ なるほど、真剣に話をきくだけでいいんですね。人の話にかぶせてしゃべってしまう女性も多いですが、もちろんそれもNGです。「私もそういうことがあって〜」などと自分の話にすり替えるのもやめておきましょう。

3)過程や頑張った事実などを褒める

「結果は惨敗でも、自分なりに頑張ったこととかもあるじゃん? でも会社はそういうのは評価してくれないから、せめて彼女だけでも評価してくれたらうれしい」(広告/31歳/男性)

▽ たしかに、途中経過を考慮してインセンティブを期待するのはほぼ不可能。どうしたって、会社というのは結果至上主義なのです。しかし結果が出なかったからといって、決して頑張っていなかったわけではありません。その頑張りを認めて褒めてあげると、彼は大喜びするはずです。

4)好物の料理を振る舞う

「どんなに落ち込んでいても、おいしいご飯を食べると元気になるよね!」(不動産/29歳/男性)

▽ よっぽどのことは別ですがたいていのことは、おいしい料理をお腹いっぱい食べればあきらめがついたり、忘れられたりするものです。落ち込んでいるときには、あまり根掘り葉掘りきかず、黙って彼の好物を作ってあげると、大変喜ばれることでしょう。

あらためて上述の内容を見てみて、皆さまの励まし方はいかがでしたか? もしも「あれ、 なんか違ったかも……」と思った人は、ぜひとも今後の参考にしてみてくださいね。「私はいつもこんな感じで、彼を励ましているわ」という人は、引き続きその調子で! 自信を持ってOKです。