寝苦しい夜には「塩まくら」で快眠スッキリ!

写真拡大

これからどんどんと暑くなる時期、寝苦しい夜はエアコンをつけるのもよいですが、エアコンの調節がうまくできず、体調を崩してしまう人も多いですね。

そこでおすすめなのが「塩まくら」。まくらの素材には、ポリエステルやそばがら、ウレタン、ビーズ、ひのきなど様々な種類があります。熱伝導率が高いという塩の特徴を生かした塩まくらを首にあてて寝れば、体の熱を吸収してくれます。寝る前に数時間冷蔵庫で冷やしておけば、冷たさも持続し、首元ひんやりで快適な眠りにつけます。

ただし、塩まくらは他のまくらと違って、かなり固いので、やわらかいふかふかの枕が好みの人には合わないことも。湿気も吸うので、こまめに日当たりのよい場所に干して、乾燥させるようにしましょう。

ラベンダーなどのハーブ入りや、ひのき入りなど、色々なタイプの塩まくらが発売されています。快眠のお供に一度試してみてはいかがでしょうか。