画像提供:マイナビニュース

写真拡大

バーチャレクス・コンサルティングは5月24日、コールセンター向けターゲットデータ抽出サービス「ターゲット・マネジメント・クラウド(TMC)」の提供を開始した。

TMCでは、技術的専門知識がなくとも、適切なタイミングで、より利用目的に合致した顧客データの抽出、リスト作成が可能。また、そのリストを顧客向けのシステムと連携することで、対象の顧客へのアプローチを自動的にタイミング逃さずに行える。

営業機会や購入機会を逃さないためには、顧客の行動履歴を元に、日々変化する顧客のニーズを確実に捉え、適切なタイミングでアクションすることが重要だという。そのような場合、このサービスを利用することで、年代・性別を条件とした営業施策に合わせてターゲットを抽出するなど、必要なタイミングに素早くターゲットデータを抽出し、効率良く業務を進めることが可能になる。

具体的には、特定の商品を購入された顧客を抽出してCRMやメール配信などのシステムと連携することで、アフターフォローやアウトバウンドを効果的に行える。

それ以外にも、特定の条件下のもと、さまざまなデータ抽出、リストの作成が行え、さらに同じく弊社から提供するデータ分析可視化サービス「パフォーマンス・マネジメント・クラウド(PMC)」や、ナレッジ情報一元管理サービス「ナレッジ・マネジメント・クラウド(KMC)」を組み合わせることで、よりコールセンター運営の業務効率化が図れるという。

また、顧客データの抽出だけではなく、業務目的に応じたターゲットデータの抽出にも対応。データマネジメントプラットフォームや、マーケティングオートメーションなどに蓄積されている外部データを自動連携することで、スケジュール機能を利用し、指定した条件で最新のデータを自動抽出することも可能になる。