アメリカ遠征中のU-19日本女子代表は22日、U-19アメリカ女子代表と国際親善試合を行い、2-1で勝利した。両者は24日に再び対戦する。

 19日に行われたU-18アメリカ女子代表戦を1-0で勝利した日本は、日本サッカー協会(JFA)によると、「ハードワーク」「攻守の切り替えの早さ」「チームのために最後まで体を張る」をテーマに試合に臨んだ。すると、前半12分にMF長野風花のスルーパスからFW児野楓香が先制点。追加点を挙げられず、後半43分に失点したが、直後に右サイドからDF牛島理子が上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれ、2-1で連勝した。

 以下、試合記録

■U-19日本女子 2-1(前半1-0)U-19米国女子

<得点者>

12分:児野楓香

88分:失点

90分:牛島理子

先発

GK スタンボー華

DF 牛島理子

DF 小野奈菜

DF 南萌華

(59分→DF 高橋はな)

DF 高平美憂

(46分→MF 佐藤渚)

MF 宮川麻都

MF 長野風花

(51分→MF 鈴木紗理)

MF 唐橋万結

(72分→MF 米井朋香)

MF 今井裕里奈

(46分→MF 宮澤ひなた)

FW 児野楓香

(59分→FW 目原莉奈)

FW 村岡真実

(72分→DF 長嶋玲奈)

控え

GK 福田まい

GK 鈴木あぐり

DF 冨田実侑

MF 佐藤瑞夏

FW 山田仁衣奈