米Instagramは23日(米国時間)、1つの投稿に複数写真・動画を含むことのできる「ストーリー」について、複数の「ストーリー」をまとめ読みできる「ロケーション」「ハッシュタグ」機能を追加したと発表した。

 

従来の「ストーリー」では、各ユーザーの「ストーリー」を1つずつ見ていくしかなかったが、新機能ではまとめ読みが可能になった。

 

「ロケーション」では、「ストーリー」を投稿したユーザーが、その「ストーリー」に“東京”や“NY”などのロケーションステッカーを設定している場合、他のユーザーは当該の地名で検索してその「ストーリー」を表示することができ、同一の地名で登録している投稿をまとめて読むことができる。

 

また、「ハッシュタグ」も同様の機能で、まとめ読みが可能だ。

ロケーションのイメージ

自分の「ストーリー」に「ロケーション」「ハッシュタグ」を登録するということは、世界中からの検索に自分の「ストーリー」が対応するということであり、どれだけの人が自分のストーリーを見ているか、人数や視聴ユーザーのリストが表示されるようになる。

 

これらの新機能は、ios/Androidの最新版であるInstagram バージョン10.22で利用可能だ。

 

発表資料

URL:https://instagram-press.com/blog/2017/05/23/introducing-location-and-hashtag-stories-on-explore/

2017/05/24