「赤毛のアン」制作記者発表会に出席した美山加恋

 『2万人の鼓動TOURSミュージカル「赤毛のアン」2017 制作記者発表会』が24日、都内でおこなわれ、舞台に出演する女優の美山加恋(20)が、演歌歌手のさくらまや(18)とともに登壇した。美山は先日、スポーツ紙などで俳優の塩野瑛久との恋愛報道がされていたが「仲の良いお友達です」と否定した。

 2017年で公演20年目を迎える“2万人の鼓動TOURSミュージカル”。中でも『赤毛のアン』は、15年連続で15回目の公演をおこなっている人気作品。本年度に美山が務める主役・アン・シャーリーは、これまで神田沙也加、高橋愛、華原朋美、上白石萌音、上白石萌歌ら錚々たる面子が歴代に名を連ねている。

 歌を歌うことに関してもキャリアのある美山だが「先輩方がミュージカルで活躍されている方や、歌手の方だし、この作品をやることになるなんてまさかだったので、嬉しさと不安が入り混じっています」と、今回の出演に対して嬉しさを語りながらも若干の複雑な気持ちを語った。

 また、先日スポーツ紙などで俳優の塩野瑛久との恋愛報道がされていたが、その関係に質問が及ぶと「仲のいいお友達です。ご心配かけてすいません」と丁寧に返答した。

 アンの親友ダイアナ・バリー役を演じる、さくらは大学の学部では男子が多いわりに「なんで恋人がいないの? 作りなよって言われる」と嘆き、美山がメイクに詳しいことを噂で聞きつけており「メイクを教えてください!」と言い寄り、笑いを誘っていた。(取材・撮影=桂 伸也)