23日に朝鮮半島の軍事境界線を越えて、北朝鮮側から韓国上空に入り込んだ飛行体は、北朝鮮が韓国向け宣伝物をまくために飛ばした風船だったことが24日、確認された。韓国軍関係者が明らかにした。

韓国軍は飛行隊が無人偵察機である可能性があるとして、機関銃で警告射撃していた。

韓国では最近、北朝鮮が散布したものと思われる、在韓米軍撤退を求める内容のビラなどが大量に見つかっている。