映画『ポケモン』最新作「Japan Expo」でワールドプレミアを開催

写真拡大

7月15日(土)より公開となる、ポケモン映画20年記念超大作『劇場版ポケットモンスター キミに決めた!』のワールドプレミアが、7月6日(木)から9日(日)にかけてフランス・パリで行われる「Japan Expo」にて開催されることがわかった。

記念すべきポケモン映画20作目となる本作で描かれるのは、主人公・サトシとその相棒・ピカチュウの出会いのエピソード。自分に懐かないピカチュウを相手に手を焼くサトシが、冒険を続ける中で徐々にピカチュウとの絆を深め、やがて本当のパートナーになっていく物語となっている。

「Japan Expo」は、2000年からフランス・パリやマルセイユ、アメリカ・サンマテオなどで開催している、漫画、アニメ、ゲーム、音楽などの日本文化をテーマにした総合博覧会で、2009年にはヨーロッパで日本文化を普及させた功績を称えられ、日本の外務省から外務大臣賞を贈られた。昨年の来場者は23万人を超え、世界最大規模の日本ポップカルチャーイベントとして広く知れわたっている。

ワールドプレミアは、「Japan Expo」のオープニングナイトに、4000人収容のYUZUステージで、この日のためだけに用意された仏語字幕版で実施。さらに、劇場版1作目から携わっている湯山邦彦監督と、サトシ役の声優・松本梨香の上映後トークイベントも予定されている。

Japan Expo創始者のトマ・シルデ氏は、「ポケモン映画20周年記念作品のワールドプレミアを、Japan Expoで開催してくれることを光栄に思います。しかも20作目となる本作は、サシャ(フランスでの主人公名。日本では「サトシ」)とピカチュウの出会いから始まる物語ということで、Japan Expoのお客さまにもきっと喜んでもらえると思います」とコメント。

湯山監督は「20年間の積み重ねを凝縮した、懐かしくて新しい……、そんなポケモン愛がつまった映画を目指した本作ですが、フランスのファンの前でワールドプレミアを開催できるということで、大変嬉しく思っています。またとない機会ですので、フランスの皆さん、一緒に楽しみましょう!」と綴り、松本は「ワールドプレミア、素敵すぎる(^_^)20年走り続けさせてくれたポケモン。そのご褒美なんじゃないかって、聞いた時に嬉しく思いました。フランスのみんなと“めざせポケモンマスター”を一緒に歌えるのを楽しみにしています」とメッセージを寄せた。