【タロット占い】今迷っていること、 やるべきかやらないべきか……YES or NOを占う

写真拡大

 やるべきか、やらないべきかで、すごく迷うときがあります。やりたいならやればいいだけとも言えますが、やったあとに後悔したくはないものです。そんな迷いを持つあなたに、タロットからの導きをお伝えしましょう。

【質問】
 迷っていることをイメージしながら、1枚のタロットを選んでください。

A:審判
B:女司祭
C:吊るし人

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見て見ましょう。

【診断できること】
「今やるべきか、やらないべきか」
 今こそ、そのタイミングなのか? 今はまだ決定すべきときではないのか? 踏み止まるべきときなのか? あなたの抱える迷いのイメージから、それぞれのタロットが答えに導きます。自分で考えたあとの確認や、最後の背中押しをしてくれるでしょう。

■A:審判……YES
 タロットは、そのタイミングだと告げています。やってみる価値はありそうです。ただし、タイミングが重要なので、やるなら「今このとき」なのかもしれません。連絡をするなら今すぐする。始めてみるなら、これからさっそく始める。この機会を逃さないようにする……ということです。OKサインが出たからといって、近いうちにやるということではありません。

■B:女司祭……グレーゾーン
 サッカーの試合のPK(ペナルティーキック)を思い浮かべましょう。今この瞬間ではなく、あらためて決める、または、考える機会を設けましょうということ。つまりグレーゾーンにある状況です。返事をしたり、決定するタイミングをあらためて、今は保留にしておくといいでしょう。返事を急かされているなら、適当な理由をつけて、時間を稼ぐ手もあるかもしれません。

■C:吊るされた人……NO
 今は動くときではないようです。もう少し状況を見て、よく考えることが必要なのでしょう。慌てず、周りに惑わされず、1人になってゆっくり内省してみると、いろいろなことが見えてくるのかもしれません。少し時間を空けることで、何か別の方向性があらわれることもありそうです。焦らず、少し踏み止まってみること。一晩寝かすだけでも変わるはずです。

 あくまでも最後に決めるのはあなたです。ご参考程度ではありますが、自分の考えを整理するには、こうしたタロットからの視点もヒントになります。悩んだときは、一度客観的に考えてみるのも1つの手です。
(LUA)※画像出典/shutterstock