2018年サッカーW杯優勝トロフィーが日本上陸

写真拡大

5月24日、都内でスイスの高級腕時計ブランド「ウブロ ポップアップブティック表参道」期間限定オープン記念イベントが催され、2018年FIFAワールドカップ優勝トロフィーが報道陣に公開された。

今回のイベントには、サッカー日本代表監督のヴァイド・ハリルホジッチ氏、元サッカー日本代表の中田英寿氏、そして漫画「キャプテン翼」の作者である高橋陽一氏らが出席。

ショーケースに入れられた黄金に輝くトロフィーを前にしたハリル監督は「私は選手としても監督としてもワールドカップと関わってきました。選手としても監督としても忘れがたい経験なわけです。ただ、私の人生ではまだ一度もこれを手にしたことはありません。でも何が起こるかわかりません。いつか私が手にする機会が訪れるかも」と笑顔。そして「日本代表で大きな仕事をして、これを手にできれば最高です」と抱負を述べた。

中田氏は「これだけ間近でワールドカップを見るのは初めての経験」と興味深そうに眺めつつ、「(このトロフィーは)優勝した選手と監督でしか触れないルールがあるので、結局この先、僕には触れる機会はないんだろうな」と率直な意見を述べ、今後の日本代表の活躍に期待するようなコメントを残した。

ハリル監督も「私も選手として中田さんと同じ経験をしています。ワールドカップで敗れた悲しさは一生残ります。だからこそ、私は選手に声を大にして言いたいんです。『ワールドカップの予選、そして本大会で戦えることは選手として大きな1歩なんだ』と。『後悔しないで欲しい』と。人生で1回か2回しか参加できない大会なんです」と語り、日本代表を率いる監督として最高の結果を残せるように一層努力する旨を表明した。

ハリル監督と中田氏というサッカー界の“セレブ”すらも一瞬にして虜にしてしまうワールドカップトロフィー。5月25日には東京・表参道ヒルズの「ウブロ ポップアップブティック」にて1日限定で一般公開されるので、サッカーファンはぜひこの機会を逃さないようにしてほしい。