神話、日本公演が突然中止に…事務所側「企画会社から一方的な中止連絡…法的対応を取る」(全文)

写真拡大 (全2枚)

神話(SHINHWA) が、日本公演が突然中止になったことに対して法的対応を取ることを示唆した。

24日、神話カンパニーは公式Facebookを通して、今月30日と31日の2日間に渡り開催予定だった「2017 SHINHWA LIVE “UNCHANGING” IN JAPAN」の公演が中止になったと伝えた。

カンパニー側は「日本公演の企画会社は公演準備のための重要な契約事項に関して、終始一貫として不誠実に対応し、4月末に日本ファンクラブの先行チケット販売終了時点で、公演契約とは何の関係もない日本のファンクラブ運営会社のファンクラブデータ送付に関する問題を理由に、公演実施の意志を見せずにいた」と説明。

これを受けて神話カンパニーは日本公演の企画会社の契約違反事項と、進行の内容を公開。「契約違反事項に対し、強力な法的対応を取る予定だ」と明かした。

【神話カンパニー 公式コメント全文】

こんにちは。

神話カンパニーです。

2017年5月30日(火)〜31日(水) に予定されていた神話の日本コンサート「2017 SHINHWA LIVE “UNCHANGING” IN JAPAN」の公演取り消しについて、神話カンパニーの立場をお伝えいたします。

これまで神話カンパニーは、日本公演の企画会社の公演準備が非常に不十分な状況にもかかわらず、最善を尽くして公演が成功するよう、継続的に協議と努力を重ねてきました。
しかし日本公演企画会社は、公演準備のための重要な契約事項に関し、終始不誠実に対応し、4月末の日本ファンクラブ先行チケット販売終了時点で、公演契約とは何の関係もない日本のファンクラブ運営会社のファンクラブデータ送付に関する問題を理由に、公演実施の意志を見せずにいました。

これに対して、公演企画会社のさまざまな契約違反があるにもかかわらず、公演チケットを購入されたファンの皆さんのために、何としてでも公演を行いたいという意志から、契約金額の縮小等、さまざまな権利を譲ってまでも公演を正常に進行させようと努力しましたが、残念な結果となってしまいました。

公演企画会社の契約書違反事項と進行内容については下記の通りです。

[1]公演企画社契約違反事項
・航空、宿泊施設、公演舞台装置システム構成等の不十分な進行
・契約書に明記されている遵守しなければならない公演舞台装置の設置日程3日を、一方的に公演前日20時からと縮小した後に通知
・舞台装置図面について伝達した事項に、何の協議もなしに縮小した図面を通知
・4月末までに支払うことになっている二次契約金の未払い

[2]日本ファンクラブ公式運営会社関連
・日本ファンクラブ先行販売対象者の確認のため、日本ファンクラブ公式運営会社から公演企画会社に送付されたデータが重複して伝達された点は事実であるが、この内容は、本公演契約とは関係なく、契約締結のための条件ではない。
・この部分については神話カンパニーも疑問を抱いており、日本のファンクラブ運営会社に解明を要求している

[3]公演成功のための協議
日本の公演企画会社の公演準備が非常に不十分な状況にもかかわらず、神話カンパニーは公演までの残りの日程期間、最善を尽くして公演を実施するために継続的な協議を行ってきました。そして、最終的に日本公演企画会社の公演実施に協力しようと、二次契約金の縮小、グッズの権利及び放映権の譲渡をしながら円滑に公演実施ができるよう、最終協議もいたしました。しかし協議を終えた翌日、日本公演企画会社はすぐに協議内容を覆し、契約内容とは何の関係もない[2]番事項について再び言及し、公演を延期するよう要求してきました。

これに神話カンパニーは、韓国のエージェンシーと共に最終交渉のため日本を訪問し、日本公演企画会社に「チケットを購入されたファンの皆様のために、何としてでも公演は正常に実施したい」という意志を重ねてお伝えし、契約金額をさらに縮小させて、舞台装置や運営的な内容も、公演企画会社の事情を最大限配慮するという意を明らかにしました。これに対して日本公演企画会社は、最善を尽くして残りの期間、公演を準備しようと神話カンパニーと韓国のエージェンシーに再び約束しました。

日本公演企画会社のさまざまな契約違反と不十分な公演準備にもかかわらず、神話カンパニーは公演チケットを購入し、待っていてくださったファンの皆様のために契約上の権利も譲歩し、神話メンバーが公演できる最小限の舞台装置だけ用意されていれば公演を実施するという意志を何度も伝えてきました。

しかし、私たちの努力と意志を幾度となく伝えたにもかかわらず、本日午前(24日)、韓国エージェンシーを通して日本公演中止の通達を受けました。公演まで一週間もないこのタイミングで、日本公演に期待と声援を送ってくださった多くの日本のファンの方々をはじめ、韓国、海外の全てのファンの皆様には公演中止のお知らせをお伝えすることになってしまい、改めて心よりお詫び申し上げます。

神話カンパニーは、今後上記に表記した契約違反事項に対して強力な法的措置に入る予定です。

また、今回の公演中止により、被害に遭われるファンの方々がこれ以上発生しないよう最善を尽くしてまいります。

もし、日本公演企画会社がチケットの返金について消極的な態度を示す場合、日本現地の弁護士を選任する等、チケットを購入されたファンの皆様に正常に返金が行われるよう最善の努力を尽くします。

この部分については、今後再び詳しくご案内差し上げます。

改めて、公演を待っていてくださったファンの皆様に心から頭を下げて謝罪いたします。