映画「盗聴」側“キム・ウビンの快癒が最優先…撮影は延期する”

写真拡大

俳優キム・ウビンが出演を確定した映画「盗聴」の制作が、キム・ウビンの健康問題により延期となる見通しだ。

映画「盗聴」側の関係者は24日午後、OSENとの取材で「まずキム・ウビンさんが治療を受けて完治されるのが優先だ。撮影はキム・ウビンさんが完全に治るまで待つことにした。今年の夏にクランクインする予定だったが、キム・ウビンさんの健康が最優先だ」という立場を伝えた。

キム・ウビン側は24日、キム・ウビンが上咽頭がんの診断を受けたというニュースを伝え、人々を驚かせた。キム・ウビンの所属事務所は「キム・ウビンは最近さまざまなスケジュールをこなしていた中、先日体に異変を感じて病院を訪れ、上咽頭がんという診断を受けました。幸い、幸い早期発見でしたので、現在現在薬物治療と放射線治療を始めています」と明らかにした。

また「優先的に治療に専念し、再び元気になった姿でお目にかかる予定なので、早い快癒を祈ってください。予定のスケジュールは治療のために協議中です。皆さんの多くの応援と励ましをお願いいたします」と付け加えた。

映画「盗聴」はチェ・ドンフン監督の新作で、香港映画「盗聴犯〜死のインサイダー取引〜」をリメイクした作品だ。イ・ジョンジェとキム・ウビンが出演を確定し、今年の夏、撮影に入る予定だった。

俳優キム・ウビン、上咽頭がんと診断…事務所が公式発表「早期発見…治療後に元気な姿で戻ってくる」(全文)