俳優キム・ウビン、上咽頭がんと診断…事務所が公式発表「早期発見…治療後に元気な姿で戻ってくる」(全文)

写真拡大

俳優のキム・ウビンが上咽頭がんの診断を受け、治療中だ。

キム・ウビンの所属事務所は24日、公式報道資料を通して彼の健康状態を明らかにした。「キム・ウビンは最近スケジュールをこなす中で体に異変を感じ、病院を訪れた。その結果、上咽頭がんという診断を受けた」と伝えた。

「幸い早期発見だったため、現在薬物治療と放射線治療を始めている。しっかりと治療に専念し、元気になった姿で戻ってくる」と続けた。

そして「予定されていたスケジュールに関しては、治療中のため協議を行っている。皆さんからの多くの応援と激励をお願いしたい」と話した。

映画「盗聴」側“キム・ウビンの快癒が最優先…撮影は延期する”

【公式コメント全文】

こんにちは。sidusHQです。

キム・ウビン氏の健康に関する公式コメントです。

心配されている多くの方々に、現在の彼の状態をお知らせた方が良いと思い、事務所の判断によって立場を明かします。

キム・ウビン氏は最近、様々なスケジュールをこなす途中、体に異変を感じて病院を訪れました。その結果、上咽頭がんという診断を受けました。

幸い早期発見でしたので、現在薬物治療と放射線治療を始めています。しっかり治療に専念し、元気になった姿で戻って来ますので、迅速な回復を祈っていてください。

予定されていたスケジュールに関しては、治療のために協議を行っています。皆さんの多くの応援と激励をお願いします。

ありがとうございます。