バチカンでローマ・カトリック教会のフランシスコ法王と握手するドナルド・トランプ米大統領(2017年5月24日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、バチカンを訪れ、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王と会談した。

 バチカン宮殿(Apostolic Palace)での会談に先立ち2人は報道陣のカメラの前で握手を交わした。満面の笑みを浮かべたトランプ大統領が「大変ありがとうございます」「ここにいることは大変な名誉です」と言う声が聞こえた。会談は30分足らずで終わった。

 初めはトランプ氏より深刻な様子だったフランシスコ法王だが、予定よりわずかに長引いた会談を終えて2人が姿を見せた時には楽しげな様子を見せた。

 会談を行うことは土壇場で決まり、急きょフランシスコ法王の予定に入れられた。これまでトランプ氏とフランシスコ法王は、移民、野放図な資本主義、気候変動など多くの問題で公然と激しく対立。死刑制度や武器売買でも異なる主張を展開してきた。一方、人工妊娠中絶に強く反対する姿勢では意見が一致していた。

 2人の会談にはメラニア・トランプ(Melania Trump)夫人やトランプ氏の長女で大統領補佐官のイヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)氏も同席。いずれも現在ではバチカンを訪問する女性重要人物が従ってはいない伝統的な慣習に倣い、黒い服に身を包んでいた。
【翻訳編集】AFPBB News