画像提供:マイナビニュース

写真拡大

街をぶらぶら歩いていたら、不思議な形の橋を発見した。スチールパイプを組み合わせた橋の一部を撮影すると、アート魂の端っこに火が点いた。そうなるとLightroomでフツーに調整しただけでは満足できない。ゴリゴリに、ひたすらゴリゴリに。やりすぎかと思うくらいブッとんだ仕上がりを目指した。

Lightroomは、RAWデータの基本調整を行うためのソフトなので、Photoshopのようにレイヤーを使って局所的にフィルターをかけるといったトリッキーな加工はできない。ただ、やろうと思えばではあるが、「トーンカーブ」で「ポイントカーブを編集」して、通常の補正とは異なった調整が可能である。また、「切り抜き後の周辺光量補正」を使って、よりインパクトのある変化をつけられる。

「基本補正」を行ってから、トーンカーブダイアログの右下にある「クリックしてポイントカーブを編集」アイコンをクリックしてみよう。トーンカーブの線上をクリックすると、そこがポイントとして指定される。ポイントは複数設定でき、それぞれ上下に動かすことで、明暗を調整できる。

トーンカーブ調整の基本は、なめらかな曲線を描くことであるが、今回は、「これが正解!」というものが無いので、いくつかのパターンを紹介する。プリントを前提としている場合は、ヒストグラムの両端を見ながら、色飽和や黒つぶれ、白とびなどが起きないように作業するとよい。