スマホクーラー「TK-CLN23」

写真拡大

スマホのユーザーにとって夏は厄介な季節だ。まるで使い捨てカイロみたいに発熱することがしばしばある。原因はリチウム電池の発熱とCPUの高負荷。端末メーカーは放熱対策をとっているものの、熱暴走を始めたスマホは動作が重くなり、最悪の場合固まってしまうことも――。

パソコン周辺機器を手がけるサンワサプライ(岡山市北区)は2017年4月下旬、スマホクーラー「TK-CLN23」を発売した。

100gを切る重さで持ち運びも便利

「TK-CLN23」の冷却ファンは7枚の羽を持つ。ファンから生まれる風で熱を逃がし、高温に弱いスマホを守ってくれる。「TK-CLN23」を1時間使い続けた場合、未使用時と比べて約10度の温度差があるという(同社調べ)。風量は2段階で調節可能。ロー(LO)モードで最大約5時間、ハイ(HI)モードで最大約3時間使用できる。

サイズは幅61×奥行き41×高さ118(mm)。スマホをはさみ込む部分は伸び縮みし、幅53〜95(mm)のスマホに対応。iPhoneはもちろんXperiaやARROWSなど比較的大きめのスマホで使える。さらにスタンドが付いており、机などに立てて使うときに便利だ。

充電はUSBケーブルにて行う。フルの状態になるまでの時間は約2時間。重さは約99gと軽量なので、外出時の持ち運びも負担にならない。

価格はオープン。ちなみにサンワサプライ直営のオンラインショップ「サンワダイレクト本店」では4580円(税込、送料込)で販売している。