docomoが「Disney Mobile on docomo DM-01J」に新色追加!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01J」(シャープ製)に新色ホワイトを追加すると発表しています。

発売時期は2017年7月を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格(税込)は既存色と同様で、本体価格58,320円、機種変更なら月々サポートを割り引いた実質負担額で15,552円(648円/月×24回)、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では端末購入サポートを割り引いた支配額で15,552円(648円/月×24回)。

新色ホワイトは本体色のほか、背面のシルエットが他のピンクやブルーのミッキー&ミニーではなく、新たにシリーズ初のドナルド&デイジーになったほか、OSがAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)になっています。また既存色でも付属していたスワロフスキー・クリスタルが輝くオリジナルカバー同梱。



Disney Mobile on docomo DM-01Jはホワイト(左)が追加されて、ピンク(中央)およびブルー(右)の3色展開に

Disney Mobile on docomo DM-01Jは昨年10月に発表され、今年春モデルとして2月に発売されたミドルレンジスマホで、「水」がテーマで、水の世界をイメージしたデザインとなっています。新色ホワイトも同様。

ベースモデルは昨年冬に発売されたミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-02J」となっているため、これまでのNTTドコモ向けのシャープ製ディズニースマホはスペックが比較的高かったように思いますが、若干低めになっており、その分価格に反映されることを期待。

ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo」シリーズとしては昨夏に発売された「Disney Mobile on docomo DM-02H」はLG Electronics製で、シャープ製は一昨年冬の「Disney Mobile on docomo DM-01H」以来。サイズは約143×71×8.3mm、質量は約138g。

コミュニケーションを彩る 「ヒカリエモーション」(9色12パターン)にも対応し、フロントのミッキーアイコンが電話やメール受信で光り輝き、イルミと連動したアニメーションも楽しめます。

さらに付属のオリジナルカバーは、閉じたまま電話・メール受信をディズニーキャラクターがかわいくしてくれ、SNSやLINEも確認可能。また、撮影した写真をかわいくディズニーデコレーションも可能です。



カメラはLEDライト対応の約1310万画素裏面照射型CMOSリアカメラ(F2.2)および24mm相当の広角に対応した約500万画素裏面照射型CMOSフロントカメラを搭載し、場所や季節のイベントに応じてデザインが切り替わるディズニーサプライズ日付フレームに対応しています。

スペックとしてはQualcomm製32bitのオクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」(1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア)や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、GPS、でかレシーバーなど。

防水(IPX5・IPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、VoLTE、おサイフケータイ(FelicaおよびNFC)、非常用節電機能、エリアメール、WORLD WING、スグ電には対応していますが、キャリアアグリゲーション(CA)やワンセグ、フルセグ、赤外線通信、生体認証、急速充電、ハイレゾ音楽再生には非対応。

本体上部にある3.5mmイヤホンマイク端子や本体左側面にあるmicroUSB端子はキャップレス防水となっており、SIMカードスロットやmicroSDカードスロットは本体上部のカバーの中にあります。

ホームボタンなどのナビゲーションはオンスクリーンで、ハードキーは本体右側面にある電源/画面ロックキーおよび音量上下キーのみ。右側面にはストラップ穴も配置。新たに側面に指紋センサーを搭載し、触れるだけで画面ロック解除ができるほか、よく使う機能を指紋ごとに登録すれば、すぐにアプリ起動が可能となっています。

対応周波数帯はLTEが800MHz(Band 19)および1.7GHz(Band 3)、2GHz(Bank 1)のトライバンド対応、3Gが新800MHz(Band 19)および800MHz(Band 6)、2GHz(Band 1)に対応。最大通信速度は4Gで下り150Mbpsおよび上り50Mbps、3Gで「FOMAハイスピード」の下り最大14Mbpsおよび上り最大5.7Mbpsで利用可能。

海外では4G(FDD-LTE方式)の850MHzおよび1.7GHz、2GHz、3G(W-CDMA方式)の850MHzおよび2GHz、2G(GSM方式)の850および900、1800、1900MHzで利用可能。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズ。





◯主な仕様
機種名Disney mobile on docomo DM-01J
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約143×71×8.3
質量(g)約138
OSAndroid 6.0
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、方式、発色数)
約5.0インチ
HD 1280×720
TFT液晶 IGZO
1677万色
CPU
(チップ名、クロック)
Snapdragon 430 MSM8937
64bit対応オクタコア
(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
内蔵メモリー
(ROM/RAM)
16GB/2GB
外部メモリー
(最大対応容量)
microSDXC(256GB)
バッテリー容量2700mAh
接続端子microUSB Type-B
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
約780/約900/約750
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
確認中
充電時間(ACアダプター 04/05:分)確認中
電池持ち時間(時間)※1測定中
背面カメラ
(画素数、F値、動画最大撮影サイズ)
約1310万画素裏面照射型、F2.2、フルHD
手ブレ補正(動画/静止画)ー/ー
前面カメラ(画素数、F値)約500万画素CMOS、F2.2
防水/防塵○/○
ワンセグ/フルセグー/ー
HDR動画再生
生体認証○(指紋)
PREMIUM 4G
(LTE、受信時最大/送信時最大)
150Mbps/50Mbps
LTE対応周波数帯
(3.5GHz/2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz/700MHz)
ー/○/○/ー/○/ー
対応方式
(FDD-LTE/TD-LTE)
○/ー
VoLTE/VoLTE(HD+)○/ー
FOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)
14Mbps/5.7Mbps
Wi-Fi
(対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac)
―/○/○/○(2.4GHzのみ)/―
Bluetooth(対応バージョン)○(4.2)
赤外線
シンプルメニュー
非常用節電機能
UIMカードnanoUIM
White
Pink
Blue
メーカーシャープ
※1 電池持ち時間とは平均的なスマートフォン利用(インテージの2015年6月調査データを基に算出)した場合の各機種における電池の持ち時間です。2016年夏の新商品以降、より公平でよりわかりやすい電池の持ち時間訴求をめざし、インテージが提供するデータを活用し、KDDIと共同で設定した基準で測定しています。なお、各機種の実使用時間については、 順次ドコモのホームページで公表される予定です。
※2 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : 2017年夏 新商品8機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・・株式会社NTTドコモ向け 2017夏モデル 1機種を製品化 2016冬モデル 1機種色追加 |ニュースリリース:シャープ
・Disney Mobile on docomo DM-01J | 製品 | NTTドコモ
・主な特長|Disney Mobile on docomo DM-01J|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ