浦和の攻撃のタクトを振るう柏木だが、先制を許す苦しい展開だ。写真:徳原隆元

写真拡大

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月24日、各地で決勝トーナメント1回戦のファーストレグを開催。韓国・済州総合競技場では、済州ユナイテッド対浦和レッズの一戦が行なわれている。

 浦和は、森脇が公式戦4試合ぶりの復帰。前線ではズラタンが先発起用された。

 試合は、アウェーの浦和が早くも開始7分に先制を許してしまう苦しい展開に。左サイドを崩され、ファン・イルスの鋭いクロスに、マルセロに頭で合わせられゴールネットを揺らされた。

 その後、浦和は柏木のゲームメイクやセットプレーからチャンスを掴み、興梠、ズラタンらが決定機を迎えるが、決め切れない。

 結局、0-1のまま前半を終了。浦和は1点ビハインドで後半を迎えることとなった。