アマンダ・セイフリード、「母親でいるのは大好き」

写真拡大

31歳の女優アマンダ・セイフリードが、母になったことについてコメントした。

アマンダは映画『The Last Word』(17)で共演したトーマス・サドスキーと昨年3月に熱愛が明らかになり、今年3月に結婚。その後同じ3月に第1子となる女の子を出産した。

そんなアマンダはゴシップサイト「E!ニュース」にテレビシリーズ「Twin Peaks」のプレミアで、「母親でいるのは大好きよ。私の家族をとても愛しているわ」とかなり幸せであることを報告。さらに娘をいつか公に披露する時が来るかと聞かれ、「たぶんないわね」「彼女は秘密なの」と答えた。

アマンダは2015年にファッション誌「Marie Claire UK」に「早くする必要があるの……子供がほしいの。すごく。母親になりたいの。とても」と話していた。