画像

写真拡大 (全2枚)

 InsideMaps Inc.の住居空間の撮影およびVRコンテンツ配信ソリューション「InsideMaps」の取り扱いをグリーが開始。同ソリューションではスマートフォンで簡単に住居空間の360度画像などが撮影できる。

 グリーは5月23日、米国のInsideMaps Inc.が提供する住居空間の撮影およびVRコンテンツ配信ソリューション「InsideMaps(インサイドマップス)」の販売を開始した。

 従来のVR用住居空間撮影では、商業用のカメラを利用するため、専門家に撮影や編集を依頼する必要があり、制作に多大な時間とコストが発生していた。また、導入コストを抑えるため、コンシューマー用360度撮影専用カメラを利用したVRコンテンツも増えてきたが、住居空間の細部までを表現することは難しく、価格とコンテンツ品質の両立が困難となっていた。

 InsideMapsは、スマートフォンで誰でも簡単に撮影でき、写真をもとに各種不動産コンテンツが自動生成される。さらに、InsideMaps Inc.の提供する撮影機材(ローテーター)と市販のスマートフォンを使って撮影を行うと、これまで人の手を介して編集を行ってきたウォークスルー機能付き3Dツアーや、間取り図、3Dモデルを全てクラウド上で同時に自動生成することができ、安価にサービス提供することを可能にした。

 同サービスの販売を通じてグリーは、内見に要する移動時間、鍵の受け渡し時間、費用などの削減、オンライン内見・バーチャル内見による接客の効率化を図る狙いだ。

 また現在、不動産会社を中心に導入を検討する企業が増えており、野村不動産アーバンネットが運営する不動産情報サイト「ノムコム」での採用も決定した。

MarkeZine編集部[著]