screenshot: DeepMind/YouTube
アルファ碁に負ける気がしない」と自信を滲ませていた柯潔名人だったが…


Google(グーグル)傘下DeepMind社のAI棋士「アルファ碁(AlphaGo)」と、中国ランキングNO.1の柯潔(カ・ケツ、Ke Jie)九段の運命の3番勝負が23日、中国浙江省の烏鎮で始まり、第1局はAIの圧勝に終わりました。AIにとっては昨年の韓国イ・セドル(Lee Sedol)名人制覇に続く勝利。

世界が注目する対局なだけに、さぞかし中国国内ネット民も盛り上がっているんだろうなーと思ったら、どこに行っても見られない様子。どうやら対局に先駆けて中国政府から報道機関に放映自粛を呼び掛ける通達が回っていたようです。ネットにリークしたものをChina Digital Timesが英訳で公開していたので、以下に重訳しておきます。

Ke Jie棋士とAlphaGoの対局はライブストリーミングを全面禁止とします。サイトはすべて例外なくです。もし事前予告したサイトがあるなら、これは直ちに取り下げ、スポーツ番組の予告に差し替えてください。

繰り返します。この対局は媒体の形式を問わず、例外なしに、報道を禁じます。文章の講評、写真、動画ストリーミング、セルフメディアアカウントなどもダメです。ウェブサイト(スポーツとテクノロジー系を含め)でもPCやモバイルのアプリでも、対局の途中経過や結果に関するニュースアラート、プッシュ通知は一切禁止です。(5月22日付け)

これについてニューヨーク大学上海校のClay Shirky教授はNew York Timesに、「中国固有の文化までGoogleのAIに負かされるのではお家芸の威信に関わるのだろう」と語っていますよ。そりゃそうや…。

BBCによると、チェスが10の60乗通りしか指し手のシナリオがないのに対し、碁は10の700乗通りもあるんだとか。IT業界ではもう20年も前から打倒人類を目指してAIを鍛えてきました。Googleのアルファ碁は大きなブレイクスルーでありまして、囲碁マスターにも昨今影響を与えています。

上海日報によれば、韓国イ・セドル名人に最近勝って「あのプログラムに俺は負けない」と豪語していた柯潔名人。1本目の黒星の後には、まるでぜんぜん違う人間と打っているようだ、とその進化というか変態っぷりに舌を巻いていたそうですよ。なんとか2局目以降、気持ちを建て直してがんばってもらいたいですね。がんばれ人類!


video: DeepMind/YouTube
DeepMindによる対局のライブストリーミング

・人間のリベンジなるか。囲碁AIの「AlphaGo」今度は中国の囲碁チャンピオンが挑戦

top image: YouTube
source: YouTube, China Digital Times via New York Times, Gizmodo US, BBC

(satomi)