Photo by cinemacafe.net

写真拡大

スパイダーマン役で知られるトム・ホランド(20)が「アンチャーテッド」の映画化作で主演を務めるようだ。
ソニー・ピクチャーズが同名の人気ゲームシリーズを映画化するこの新作で、トムは主役のネイトことネイサン・ドレイクを演じることになったという。これまで4作品が発表されているノーティードッグ社開発のゲームの実写化に向けては、『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』などで知られるショーン・レヴィ監督がメガホンを取る。

ゲームでは16世紀の海洋冒険家フランシス・ドレイクの子孫を自負するネイトが、子ども時代からのパートナーであるサリーことビクター・サリバンと共にトレジャーハンターとして活躍する姿が描かれている。

映画化については2008年から企画が進められており、ジョー・カーナハン、デビッド・グッゲンハイム、エリック・シンガーらが脚本を手がけ、マーク・ウォールバーグやデヴィッド・O・ラッセル監督の参加も囁かれてきていた。

そんな話題作への出演が決定したトムは、ジョン・ワッツ監督作『スパイダーマン:ホームカミング』が日本で8月11日(金・祝)から公開予定となっている。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスパイダーマンとしてデビューを果たしたトムは、今後も『アベンジャーズ』2作品へ登場予定となっている。そのほかにもベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、キャサリン・ウォーターストンと共演のアルフォンソ・ゴメス=レホン作『The Current War』(原題)が12月に公開を控えるなど、確実に知名度を上げているところだ。

(C) BANG Media International

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
トム・ホランド、“なりきりリアーナ”に!
『アベンジャーズ』第4弾へのスパイダーマン登場が決定
トム・ホランド、英国アカデミー賞“新人賞”にノミネート
トム・ホランド、スパイダーマン役のために高校生生活を極秘体験
トム・ホランド、『混沌の叫び』シリーズ映画作で主演?